次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた

次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた
拡大する(全9枚)

 今の季節、小腹が空いた時にコンビニで買って頬張る“肉まん”が、ささやかな幸せを感じさせてくれます。しかし著者としては、生地がモゴモゴしてしまい、「もう少し生地がしっとりしてるといいのになあ…」と思う今日この頃。そんな時、友人から差し入れしてもらったのが、台湾の食事に欠かせない国民食の一つ「饅頭(マントウ)」でした。

次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた

 一口味わうと、ほんのりとした甘み、しっとりとした生地にすっかり癒やされました。そういえば、台湾に行った時に食べた「角煮サンド」も饅頭を使った一品で、その素朴な美味しさに感動したのを思い出します。いただいた饅頭は、西荻窪にある人気の『街角饅頭店 吉祥天(きっしょうてん)』のものだとのこと。この味が忘れられず、早速、買いに行ってきました。

次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた

『吉祥天』は西荻窪駅から徒歩5分の住宅街の街角にあります。それはまるで台湾の街角にあるような佇まいで、ふらりと立ち寄って饅頭を食べ歩きする人、おやつや朝ごはんのパン代わりにたくさん買っていく人と、様々なシーンが見られます。

「毎日食べるパンのように、たくさんの人に台湾の饅頭を食べて欲しい」。そう話すのは、台湾出身の店主・邱 任遠(キュウ レンエン)さん。以前はサラリーマンだったそうですが、9年前には点心師の資格を取得し、2年前に念願のお店をオープン。小さな頃から食べ親しんだ本場さながらの美味しい饅頭を毎日、届けています。

「饅頭」がモチモチで美味しい理由とは?


この記事の画像

「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像1 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像2 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像3 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像4
「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像5 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像6 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像7 「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像8
「次に来る台湾グルメか!? モッチモチで旨すぎる『吉祥天』(西荻窪)の「饅頭」を食べてみた」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「コンビニ」に関する記事

「コンビニ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コンビニ」の記事

次に読みたい「コンビニ」の記事をもっと見る

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク