トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


ペルーの空の玄関口リマ。植民地時代の歴史ある旧市街や、優雅な新市街が織りなす独特の雰囲気が魅力です。今回は実際に筆者が体験した、トランジット12時間でも楽しめるリマの旅をご紹介しましょう。

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


リマのホルヘ・チャベス国際空港。トランジットは12時間。空港内に荷物預かり所があるので、大きなスーツケースがあっても身軽に観光できますよ。

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


エアポートタクシーに乗って、新市街のミラフローレス地区へ。新鮮な海の幸で評判の「Punta Sal」でランチ。

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


まずは、よく冷えた白ワイン。ペルー名物でもあるジャイアントコーンはとても香ばしく塩加減が絶妙で、ワインがどんどん進みます。

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


生のシーフードをレモンやワイン、香辛料でマリネした「セビーチェ」。素材がとても新鮮で、レモンの酸味が引き立っていて感動のおいしさ!

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


シーフードパエリア。魚介の旨味がたっぷりとお米に染み込んでいて絶品!

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


最高のランチをいただいた後は、ミラフローレス地区にある「ラルコマール・ショッピングセンター」でお買い物。カジュアル系から洗練されたブランドショップ、カフェやレストランなどのお店が集まります。


トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


ペルーが誇るアルパカ製品ブランド「KUNA」では、品質なアルパカの毛を使った、マフラー、ニットなどを販売。お土産探しにもピッタリ!

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


ショッピングモール内にあるスーパー。ペルーならではの食材もあり、地元スーパーファンにはオススメの場所です。

トランジット12時間でも楽しめる!乗り継ぎの間に観光するペルーの首都リマ


海岸の崖の上にあるカフェでひと休み。日本の反対側から太平洋を眺めているとどこか感慨深くなります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
TABIZINEの記事をもっと見る 2017年8月5日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。