江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた

江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた
拡大する(全8枚)
古い資料を調べていると、江戸時代の旅行者が旅の食料として、糒(ほしいい)、あるいは干し飯を携帯して食べていたという記述がありました。

見慣れない漢字なので漢字辞典を調べてみると、「ほしいい」という読みの漢字は5つ。対応の字の語源の解説には、見た通り「米を備えてとっておく」という意味から来ている言葉だと書かれていました。

そこで今は平成の現代ですが、糒とはどのような食べ物なのか、レシピに沿って実際に作ってみましたので、紹介したいと思います。


糒(ほしいい)作りはカビの発生に注意
江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作...の画像はこちら >>


漢字辞典に書かれた糒(ほしいい)の意味は、
<飯を干して保存できるようにしたもの。旅行や軍隊で食料にしたもの。乾糧>(小学館『漢字源』より引用)
とあります。『広辞苑』には、
<乾燥して貯えておく飯。水に浸せば、すぐに食べられる>(岩波書店『広辞苑』より引用)
とあります。この説明から分かるように、糒は干したご飯で、レシピは極めてシンプル。


1. 米を炊く、あるいは蒸す

2. 天日で干す

3. (場合によっては砕いてから)水、またはお湯を注ぎ、食べる


米を炊くのか、蒸すのか、砕いて食べるのか、そのまま食べるのかは必ずしも一定という話ではないようですが、米を炊いてから作ってみた筆者の感想としては、乾燥だけを考えると蒸した方が早いです。

酒米も炊くのではなく蒸さないと、水分量が多くなりすぎていい日本酒が造れないと酒蔵の人から聞いた覚えがありますが、たっぷりの水に浸してから炊くと、ご飯を天日干しで乾燥させるまでに2~3日かかりました。

この記事の画像

「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像1 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像2 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像3 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像4
「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像5 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像6 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像7 「江戸時代のカロリーメイト!?昔の旅人が食べた【ほしいい】を作ってみた」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク