崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!

崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!
拡大する(全8枚)


世界には、こんな環境の空港はアリ?!と驚くようなものがあります。もっとも危険という評価もある、テンジン・ヒラリー空港をみてみましょう。

この先は崖!
崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!


テンジン・ヒラリー空港はネパールにあります。エベレストへの玄関口として使われているこの空港は、崖の上にある小さな空港なんです。標高2,843m。標高が高いと、着陸のスピードをコントロールするのが困難だそう。

滑走路は500mほどと非常に短くなっています。着陸のときに少々上り坂、離陸のときは下り坂の滑走路となっていて、傾斜をうまく利用しています。怖いですが。

山と言えば、変わりやすい天気。ここは霧・風・雨が多いエリアです。それも発着陸を難しくさせている要因です。視界が悪くなるので、フライトの遅延や空港閉鎖が多いそう。3日飛ばないこともザラだとか。

電灯がなく、現場には航空管制官もおらず、パイロットの経験とテクニックと勘で着陸しています!少しでも着地が低ければ、崖にひっかかるので命がけです。


目の前はヒマラヤ山脈
崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!


離陸後も、ヒマラヤ山脈に突っ込んでしまう可能性は十分あります。

なんでこんな危険なところに?!と思いますよね。もともとは平地に飛行場をつくろうとしたのです。しかし、そこは肥沃な土地で、農家の賛成が得られなかったという経緯があります。

崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!


いまは1日50便以上という世界でも最も忙しい国内線のひとつ。エベレストに登る人が増えているのだそうです。

ちなみに、滑走路は地元の人の通行路にもなっているそうで、着陸のときはサイレンで警告されるとか。滑走路なのに使われ方がカジュアル過ぎて恐ろしい!


参考
[news.com.au]
[INTERESTING ENGINEERING]
[Knoji]
[All Photos by shutterstock.com]

この記事の画像

「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像1 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像2 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像3 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像4
「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像5 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像6 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像7 「崖の上のテンジン・ヒラリー空港。パイロットの経験とテクニックと勘で着陸!」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク