黄金色に輝くメコン川クルーズ。ベストシーズンは11月から3月の乾季

黄金色に輝くメコン川クルーズ。ベストシーズンは11月から3月の乾季


ベトナム旅行で南部ホーチミンに行ったら、ぜひ参加したいのがメコン川クルーズです。スクーターがびゅんびゅん走るホーチミンの喧騒とは打って変わった、川の上の穏やかな世界が新鮮にうつるでしょう。

悠久のメコン川
メコン川は、東南アジア最長で4350kmの長さを誇ります。中国、ミャンマー、ラオス、タイカンボジア、そしてベトナムと6か国を流れてくるスケールの大きな川。日本一長い信濃川が367kmなのに比べたら、1ケタ違います。

この川の両岸で産業が発達してこなかったおかげで、アマゾンに次ぐ動植物の宝庫になっています。川の中や水辺では、植物が2万種、哺乳類が430種、鳥類が1200種、爬虫類が800種、魚類が850種、確認されているとか。その後も続々とみつかっているそうです。

黄金色に輝くメコン川クルーズ。ベストシーズンは11月から3月の乾季

(c)Shio Narumi

メコン川といっても河口近くは3kmの川幅。ほとんどですよね。一見泥水なのですが、下から土が巻き上がっているからで、水はきれいなんだそうです。日の光が反射するとキラキラし、透明感を感じました。実際に見ると、水が清潔な印象なんですね。

きれいなジャングルでメコン川クルーズ
ホーチミンから車で1時間半から2時間のところに、メコンデルタの玄関口ミトーがあります。このまちの産業は、観光業、漁業の他、農業が挙げられます。米、ココナッツ、バナナ、マンゴー、ロンガン、柑橘類が収穫できる豊かな土地です。

ミトーから座席がラタンのベンチになっているモーターボートで出発します。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年10月19日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シンガポール」のニュース

次に読みたい関連記事「シンガポール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インドネシア」のニュース

次に読みたい関連記事「インドネシア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュース

次に読みたい関連記事「マレーシア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。