【飛行機トリビア】フライト前に必見!酸素マスクから出てくる酸素は12分間分

【飛行機トリビア】フライト前に必見!酸素マスクから出てくる酸素は12分間分


飛行機に乗ると、必ずキャビンアテンダントから酸素マスクの使い方のデモがあります。でも、まじめに聴いていない人がほとんどのようです。今回酸素マスクについて調べたら、知らなかったことが沢山ありました。近くフライトの予定がある人は必見です!

まずは知っておきたい機内の気圧
【飛行機トリビア】フライト前に必見!酸素マスクから出てくる酸素は12分間分


最初に、酸素マスクと切っても切り離せない気圧についてお話ししましょう。飛行機の中の気圧といえば、スナック菓子の袋がパンパンになっているのが思い出されますね。

旅客機は、通常33,000フィート(約10,000m)上空を飛んでいます。地上では1気圧のところ、上空10,000mでは0.2気圧になります。そのままでは人体が耐えられないので、気圧維持装置が作動し、客室内は0.8気圧くらいに調整されています。この気圧は標高2,000m地点にいるようなもの。0.8気圧でさえ、ちょっと酸素が薄いのがお分かりいただけたかと思います。

ちなみに機内を地上と同じ1気圧にするとしたら、機内の外と中の気圧差が大きくなり、飛行機が膨張して壊れてしまいます。それを防止するために壁を厚くすると、今度は機体が重くなってしまうという弊害があるので0.8気圧にしているそうです。

機内の気圧が急低下したらどうなる?
【飛行機トリビア】フライト前に必見!酸素マスクから出てくる酸素は12分間分


通常、機内の気圧が変化するのは、離陸時と着陸時の15~30分の間のこと。

先日、インドの航空会社であるジェット・エアウェイズの国内線フライトで、パイロットが気圧維持装置を作動し忘れるという事故がありました。どうなったかと言うと、乗客166人のうち30人が耳や鼻から出血したそう。その後、旅客機は空港に引き返したそうです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年12月8日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。