エシレより美味? フランスの「生バター」が気になる【フランス小ネタ連載】

エシレより美味? フランスの「生バター」が気になる【フランス小ネタ連載】


グルメな発酵バターの代名詞となっている「エシレバター」。フランス中西部のエシレ村で造られている上質なバターです。フランスには、より濃厚で芳醇な味わいが特徴の生バターなるものが存在します。日本ではなかなか見かけることがない、生バターとは?

発酵バター vs. 生バター
■発酵バターって?
エシレより美味? フランスの「生バター」が気になる【フランス小ネタ連載】

(c)sweetsholic

ヨーグルトやチーズのような強い香りと、口溶けの良さ、コクのあるミルキーな味わいが特徴の発酵バター。主原料のクリームに乳酸菌を加えて発酵させて作るバターのことです。

日本国内では、エシレやカルピス(株)特撰バター、明治やよつ葉の発酵バターなどが有名どころでしょうか。

フランスを始めヨーロッパでは発酵バターが主流なので、専門店に足を運ばなくてもスーパーでおいしい発酵バターが手に入ります。つまり、フランスでは発酵バターが普通であり、一般的なバターなのです。一方、日本では発酵バターではなく、非発酵バターが一般的。

■生バターって?
エシレより美味? フランスの「生バター」が気になる【フランス小ネタ連載】

(c)sweetsholic

続いて、本題の生バターに移りましょう。フランスの一般的なバターは殺菌されたクリームから作られますが、生バター(※フランス語ではbeurre cru/ブール・クリュ)はその名のごとく生乳から作られたもの。

フランスの一般的なバター(発酵バター)と比べて一段と味わい深く、上品な香り。見た目は発酵バターとほとんど変わらないけれど、少し柔らかい気がします。無殺菌のミルクから作られているため、発酵バターと比べて日持ちが短いのも特徴です。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年1月14日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。