「絶品・生食パン」をオリーブ農園で発見!一度食べると忘れられない逸品をリポート

「絶品・生食パン」をオリーブ農園で発見!一度食べると忘れられない逸品をリポート

[Photo by INOUESEIKOEN]

正直、本当に美味しい食パンに、出会いたくないですか? もしそう思っているなら、香川県・小豆島にあるオリーブ農園、井上誠耕園が手がける「記憶に残る生食パン」を食すべし!

今回は、一口食べると心と体が喜ぶことを実感できる、この食パンの魅力を紐解いていきます。
オリーブの名産地、小豆島にあるオリーブ農園「井上誠耕園」とは?
「絶品・生食パン」をオリーブ農園で発見!一度食べると忘れられない逸品をリポート

[Photo by INOUESEIKOEN]

今年で創業79年を迎えた小豆島の井上誠耕園は、「本物を追求する」という精神性のもと、三代でバトンを渡しながら受け継がれてきたオリーブ農家です。56本の苗木を育てることからはじまり、今では約4,500本のオリーブの木が並ぶほどの農園へと発展。それでも昔と変わらず、すべてスタッフの手によってオリーブを育てているといいます。メイド・イン・ジャパン、そしてハンドメイドの良さを大切にしているそう。

それでは、なぜ、このオリーブ農園が生食パンを作ったのでしょうか?
きっかけはギリシャ旅。心と体が喜ぶ「生食パン」の制作秘話を特別公開
「絶品・生食パン」をオリーブ農園で発見!一度食べると忘れられない逸品をリポート

[Photo by Ayano Ishihara]

実は、数十年前に描かれた「井上誠耕園未来予想図」に、「パン工房」の存在は既に存在していたといいます。現在の園主の奥さまが大のパン好きということも助けになり、2018年7月に三代目の園主である井上智博氏によって実現されました。

商品開発に踏み込んだ、そのきっかけは、世界のオリーブ産地を巡る旅の中にあったとか。「ギリシャのクレタ島で出会ったオリーブ農家の方々は、その年の搾りたてのオリーブオイルを試飲する際に、パンと一緒に味わっていたのです。料理として加工するのではなく、もっともシンプルな食べ方でその年のオリーブオイルの味を確認する。そのスタイルに感銘を受け、本格的にオリーブオイルに合うパンを作ろうと思いました」

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鍋」のニュース

次に読みたい関連記事「鍋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュース

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュース

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月17日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。