サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ

フランスにおける航空産業の歴史は古く、世界でも有数の航空先進国として知られています。その歴史を物語るのが、南西部トゥールーズに新しくオープンしたミュージアム。航空産業のパイオニアたちの情熱や葛藤を知ることができる、当地の新たな観光スポットです。
サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ


仏航空郵便サービスのパイオニアたち
サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ

「ロンヴォル・デ・ピオニエ(L’envol des pionniers)」は、フランス最古の航空郵便サービス「アエロポスタル(Aéropostale)」の歴史を伝えるミュージアムです。航空宇宙産業が盛んなフランス南西部の街・トゥールーズに2018年12月末にオープンしました。

サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ

ジャン・メルモーズにアンリ・ギヨメなど、1918年~1933年までの過渡期を経験した、航空産業のパイオニアたちのエピソードが、アエロポスタルの歴史とともに、さまざまな形で展示されています。

アエロポスタルとエールフランス
サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ

さて、アエロポスタルという名称。航空ファンではなくても、耳にしたことがあるのでは? のちにエールフランス航空の母体となった航空会社で、サン=テグジュペリを始め、後世に名を残す操縦士たちが所属していました。

サン=テグジュペリのコーナーも! 航空郵便サービスの博物館を南仏から現地レポ

そんな操縦士のひとりであり、実業家だったピエール ジョルジュ・ラテコエール(以下、ラテコエール)。彼が航空機の生産拠点として選んだのが、トゥールーズ郊外のモントルドン(Montaudran)地区でした。このような経緯で、当地でアエロポスタル(※誕生時の名はラ・リーニュ/La Ligne)が誕生。1918年のことです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。