クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

今年のベートーヴェン生誕250周年を祝い、魅惑のイベントが多数予定されているウィーン。まず、真っ先に、ウィーン世紀末芸術の立役者グスタフ・クリムトが描いた作品「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞しましょう。
クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】


ひと目で圧倒されるパワーの塊「セセッシオン(分離派会館)」
クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

生まれて初めて、セセッシオンを車の中から見た時の衝撃は今でも忘れられません。真っ白なスクエアの建物の天辺に、黄金の葉っぱ模様の球体! 「おおお~っ!! あれ、何???」

クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

ウィーン市内のクラシックな建物が続く中、いきなり現れたこの摩訶不思議な建物は、圧倒的なパワーを放っていました。そして、その存在感に目が離せなくなりました。それが憧れの「セセッシオン(分離派会館)」であったと分かった時の感激はひとしおでした。

クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

正面には“聖なる”を意味する「ベアル・サクルムVer Sacrvm」。「その時代にはその時代のアートを! 芸術には自由を!」の文字が刻まれています。

セセッシオン(ウィーン分離派)とは何か?
クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

まずはクリムトが生きた19世紀末の大切なキーワード「分離派」の簡単な説明から。パリで新しい芸術運動アールヌーヴォーが流行すると、ウィーンでは個性的な芸術家クリムト、エゴン・シーレ、コロマン・モーザー、オットー・ワーグナーなど多くの天才が活躍し、ウィーン世紀末芸術が花開きます。

クリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」を鑑賞!ウィーンの憧れ「分離派会館」を現地ルポ【オーストリア】

現代絵画を模索するクリムトは、保守的な帝室アカデミー(美術協会)から除名となり、1897年、新しい芸術団体セセッシオン(分離派)を仲間と結成します。※写真は分離派会館の裏側に描かれたコロマン・モーザーの壁画

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。