【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?

【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?
拡大する(全10枚)
皆さんは「即身仏」をご存じでしょうか。僧侶のミイラの事で、村上春樹さんの小説『騎士団長殺し』にもこの言葉が出ていましたよね。広辞苑では「自ら断食死してミイラ化した業者」と記されています。そんな即身仏が日本でもっとも多いとされているのが「山形県」なのだとか・・・。そこで今回は、どんなお寺に、どれほどの数があるのか?なぜ山形県に多いのか?など、即身仏と山形県の関係を探っていくことにしてみましょう。
【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘...の画像はこちら >>

ミルラ精油とミルラ樹脂
「ミイラ」とは防腐剤の名前が語源
【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?


即身仏のある注連寺(鶴岡市) image by 山形県庁

冒頭でも書いたとおり、自ら断食死してミイラ化した行者を即身仏と呼びます。しかし「ミイラ化した」だけであって、ミイラと即身仏は正確にいうと違うようです。

まず「ミイラ」という言葉自体が、ポルトガル語の「mirra」から来ています。葡英辞書『Collins』で「mirra」を調べると英語で「myrrh」と書かれています。「myrrh」は見慣れない英単語ですが、『ジーニアス英和辞典』を調べると「ミルラ、没薬(もつやく)」と書かれています。

あらためて「没薬」と「ミルラ」を『広辞苑』で調べてみると、東部アフリカやアラビアなどに生える植物から採集したゴム樹脂と書かれています。さらに、
<香料・医薬また死体の防腐剤など用いた>(『広辞苑』より引用)
ともあります。要するに、ミルラ(没薬)を用いて防腐処理した死体をミイラと呼ぶのですね。

この記事の画像

「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像1 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像2 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像3 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像4
「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像5 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像6 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像7 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像8
「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像9 「【日本一の〇〇連載】「即身仏」がもっとも多い山形県の理由と秘密とは!?」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク