フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート
拡大する(全11枚)
フランスと言えば「ワイン!」とすぐに思い浮かべるぐらいのワイン大国ですが、実は近年、ビールの人気が高まってきています。スーパーにも大規模なクラフトビール売り場があるぐらいの流行りっぷり。そして最近では出来立てのビールが飲めるクラフトビール醸造工房で、バーのように飲むスタイルが定着しつつあります。実際にパリの近郊にあるクラフトビール工房を訪れてみたので、現地からレポートします。
フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実...の画像はこちら >>


訪れたのはこちら…
フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート


リヨン駅から一駅のMaisons Alfort Alfortville(メゾン・アルフォール アルフォールビル)駅近くにある、「L'Alfortvillaise(アルフォールヴィレイズ)」というビール工房。こちらはフランス全土で増えてきているミクロブラッスリー(小規模ビール醸造工房)です。

フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート


L'Alfortvillaiseでは、カウンターの後ろでビールが醸造されていて、作りたてのビールを飲むことができます。種類はイングリッシュIPA、ペールエール、インディアIPA、Kエールの4つ。クラフトビールでイングリッシュIPAやペールエールなどはお馴染みですが、Kエールはこちらオリジナルの軽いブロンドビールです。

値段はジョッキが5ユーロで小ジョッキが2.5ユーロ。フランスではハッピアワーでジョッキを5ユーロほどで飲めることもあるのですが、クラフトビールは基本的に高いので、これは本当にお手頃価格なのです。

この記事の画像

「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像1 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像2 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像3 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像4
「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像5 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像6 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像7 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像8
「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像9 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像10 「フランスでクラフトビール醸造工房が人気の理由とは?現地から実情をレポート」の画像11