初めて来たとは思えない郷愁を感じます【駅ぶら03】京浜急行04

初めて来たとは思えない郷愁を感じます【駅ぶら03】京浜急行04

トップ画像は、北品川駅ホームから撮影した住宅・都市整備公団9100形電車。・・・と言われても「住宅・都市整備公団」の電車? 要は千葉ニュータウン鉄道が所有、北総鉄道が管理する通勤電車。筆者は初めて眼にした車両でした。都営地下鉄浅草線に直通運転を行っていて京急線の羽田空港まで運行されています。かつては新逗子(2020年3/14以降は逗子・葉山)まで定期運用されていたとは知りませんでした。そもそも筆者は北総鉄道に近寄ったこともないのです。どこを走っているのかも漠然としか知りません。

上りホーム、旧来の跨線橋の手前に2007年(平成19年)に新たに設置されたバリアフリー用のエレベーター専用跨線橋があります。

初めて来たとは思えない郷愁を感じます【駅ぶら03】京浜急行04

駅名標。

初めて来たとは思えない郷愁を感じます【駅ぶら03】京浜急行04

京浜電気鉄道の品川(ターミナル)駅として1904年(明治37年)開業。通称は八ツ山橋駅。八ツ山橋は、東海道と東海道本線を立体交差させるために明治5年(1872年)に架けられた橋。現在の橋は1985年(昭和60年)に架け替えられた四代目。京急本線の品川駅側踏切の西側に架かる橋です。橋の下をJR東海道本線、山手線が走っています。正面は京急本線の踏切を通過する都営地下鉄浅草線の5300形電車。

初めて来たとは思えない郷愁を感じます【駅ぶら03】京浜急行04

1925年(大正14年)併用軌道で高輪駅まで延伸され京浜鉄道の品川駅は北品川駅に改称されました。東京市電が京浜鉄道北品川駅まで乗り入れていたため横浜方面からの利用者はその多くが東京市電に乗り換えてしまいました。そこで京浜鉄道は、1933年(昭和8年)北品川駅~高輪駅間を廃止し、新たに国鉄の品川駅までの線路を敷設したのです。東京市電の乗り入れは終了。また品川駅~横浜駅間を標準軌化し品川駅から浦賀駅までの直通運転が始まりました。北品川駅はJR品川駅の南にあるのですが、旧東海道品川宿の北端に当たるため北品川駅と名付けられたのです。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。