JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか

JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか
拡大する(全3枚)

JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう...の画像はこちら >>

JR東日本が新たに製造する事業用交直流電車2両編成 E493系 がことし2021年春に登場する。

E493系は、これまで電気機関車やディーゼル機関車などが担っていた、列車をけん引する仕事をおもに担当する。

イメージできる仕事は、車両製造メーカーから出てくる新型車両を自社車両基地まで運ぶ、修理や更新・検査のために自社車両基地から別の自社工場などへ運ぶ、旧型車両を廃車解体する場所へと運ぶ……などなど。

これまでこうした仕事は、EF64形電気機関車をはじめとする、国鉄時代につくられた機関車が先頭に立っていた。それをこんどは、2両編成の↑↑↑画像のような電車が担うことに。

しかも交流・直流の両用対応車両だから、羽越線 村上、東北線 黒磯、常磐線 取手あたりにある交流・直流の境界(デッドセクション)も、気にせずスルー運転できる。こうしたデュアル対応は、EF81形電気機関車と同じ。

プッシュプル?

JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか

ここで気になるのは、運ぶ列車の両端に動力となる電車を1両ずつつけて、プッシュプル(押すくるま+引くくるま)で運べば、方向を逆転するときなどシンプルに操作できるのに……という点。

JR東日本資料には、そうした動きができるとは記されてない。あくまで2両編成で動くイメージ。JR貨物が所有しているEH200形電気機関車や、EH500形、EH800形といった、2両ひと組のH級電気機関車と同じような体(てい)で動くみたい。

協調運転?


この記事の画像

「JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか」の画像1 「JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか」の画像2 「JR東日本 新型車両 E493系 交直流両用けん引電車はどう動くか」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク