【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅

【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅
拡大する(全8枚)

【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅の画像はこちら >>

※2020年8月撮影

トップ画像は、岩徳線周防高森駅。「シックな駅舎だなぁ」というのが第一印象。駅前ロータリーの真ん中(写真の右側)に円形の植栽があって駅舎正面に立つと距離が足りず駅舎全体が画角に収まりません。植物の背が高いので植栽の背後からも撮れないのです。

そんな周防高森駅を最初に見たのが下のカット。

【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅
※2020年8月撮影

簡単に言うと目的地に「周防高森駅」と打ち込んだレンタカーのカーナビが案内してくれたのが写真の場所。駅出入口の無い線路の反対側、水田横の道路でした。ホームの向こうに「正しい目的地」の木造駅舎が見えています。

やれやれ。

それでも、どうにか周防高森駅にたどり着きました。何とこの日の山口県、最高気温が38.6℃。新聞の一面記事になる様な暑さだったのです。脳味噌のチューニングがズレそうな暑さでした。

これが木造駅舎全体です。

【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅
※2020年8月撮影

周防高森駅は、1934年(昭和9年)山陽本線の駅として開業。1944年(昭和19年)山陽本線が元の柳井駅経由に戻され、岩徳線の所属になりました。国鉄分割民営化でJR西日本の駅になり、1996年(平成8年)業務委託駅になります。2002年(平成14年)からは、週末土日が無人の簡易委託駅になりました。かつて、ホームは2面4線、駅舎側単式ホームに下り線、貨物列車用待避線を挟んで、島式ホームの2線があったのです。現在は2面2線。

見るからに山陽本線時代に建てられた駅舎、という印象です。ファサード平入りの出入口上屋デザインもどこか昭和モダンを感じさせます。


この記事の画像

「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像1 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像2 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像3 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像4
「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像5 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像6 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像7 「【木造駅舎カタログ】岩徳線003/60 周防高森駅」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク