auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談

auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談
拡大する(全6枚)

auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作...の画像はこちら >>

日本経済・金融の課題、進まない国内の金融教育、今後のゆくへは―――。

auじぶん銀行は、「auじぶん銀行臼井社長×西村元日銀副総裁 特別対談『金融の未来とauじぶん銀行が担う役割とは~日本経済の “これまで” と “これから” を金融視点で切る~』」と題したイベントを11月末に開催。

急速に進む技術革新の中で変革期を迎える金融業界について、auじぶん銀行 臼井朋貴社長と、4月からauじぶん銀行のエグゼクティブアドバイザー(EA)に就任した西村淸彦EAが対談した。

日本経済のプロが見る!日本経済・金融の「これまで」

auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談

日本経済を長きにわたり研究してきた西村EAは、バブル経済後の景気低迷とデフレは、日本経済にとって大きな足かせとなり、まさにこの困難な時期に、日本経済の構造転換が必要だったと説明。

バブル崩壊が、IT化などに代表される産業技術の革新と重なったと語る西村EAは、日本経済と企業の成長について具体的に二つの道があったと列挙した。

ひとつ目は“新市場を創出して新しい付加価値を作り出す”という道。

これは、新しい技術を、分野を超えて組み合わせ、革新的な商品・サービスを実験的に世に出し、消費者の反応を先読みしながら矢継ぎ早に変更していくもので、消費者の需要も拡大していき物価は上昇傾向になると説明した。

そしてふたつ目は「生産の絶え間ない効率化・費用削減」という道。これは、生産を効率化し低価格で商品を提供するということ。


この記事の画像

「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像1 「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像2 「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像3 「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像4
「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像5 「auじぶん銀行の未来、先20年は効率化と高付加価値の二正面作戦_臼井朋貴社長 × 西村淸彦もと日銀副総裁 対談」の画像6
編集部おすすめ
鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク