「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行

「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行
拡大する(全4枚)
山手線E235系が1編成だけ特別仕様に

2022年1月18日(火)から2月1日(火)までの約2週間にわたり、「山手線 ver.HAND!by 東京感動線」という”いつもとちょっと違う”列車が山手線を走ります。

使用車両はE235系。アートと音楽の祭典「HAND! in YAMANOTE LINE―山手線でアートと音楽を楽しむ50日間―」の一環として1編成のみ特別仕様にしたもので、外観や中吊り、車内放送に他の車両とは異なる仕掛けが施されています。

他の山手線車両とは何が違うのでしょうか? まずは車両の外観から見ていきましょう。カラーリングは通常のE235系と同じですが、ドア付近に「東京感動線」「山手線で、アートと音楽を楽しむ50日間。」「山手線で、Well Being. WaaS」といった本イベントのロゴイラストやテーマがデザインされています。

「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行
各車両のドア付近に「東京感動線」のロゴやテーマのデザインが配置されている

派手なラッピング車両などと比べると外観は大人しいもの。どちらかといえば、他の車両との相違点は車両の「外」ではなく「内」にありました。

11アーティスト24作品を使用した中吊りアートギャラリー

「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行
各車両ごとに異なるアーティストの作品を展示

「山手線 ver.HAND!by 東京感動線」では、「YAMANOTE LINE MUSEUM」と題して、各車両にアート作品を展示しています。作品の素材は紙やキャンバスから塩化ビニルなど様々で、乗り込んだ号車によってはアート作品と気付かず「洒落た中吊り広告だ」とスルーしてしまうかもしれませんが、逆に乗車して上を見た瞬間に「これは……一体?」と興味を惹かれるパターンもありそう。


この記事の画像

「「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行」の画像1 「「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行」の画像2 「「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行」の画像3 「「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク