「ロマンスカー写真展~VSEの17年に想いを込めて~」町田市で6月開催
拡大する(全1枚)
(写真: 井手芳男)

箱根観光の復権を目指し、2005年3月に運行を開始した小田急ロマンスカー・VSE(50000形)。

定期運行からはすでに退き、2023年秋頃にはイベント列車での運用も終え、完全に引退する予定だ。引退理由について、小田急は「車両の経年劣化や主要機器の更新が困難になる見込みであるため」とする。

シルキーホワイトの洗練された外観、”Vault”に形容される広々した室内、展望席や大型窓からのダイナミックな風景などが人気で、それゆえ早期の引退は鉄道ファンにも衝撃を与えた。

これを受け、東京都町田市にて、VSEを中心とする小田急ロマンスカーの写真展が開催される。

メンバーはロマンスカーを愛する鉄道写真愛好家15名に、招待作家として鉄道写真家で今年の小田急ロマンスカーカレンダーの写真を撮影した武川健太氏を迎えた。会場には来場者参加型のロマンスカーの写真(2Lまで)貼り付けコーナー、寄せ書きコーナーも用意する。

会場はJR横浜線または小田急町田駅から徒歩3分の「町田パリオ」、開催日時は2022年6月11日(土)~19日(日)の10時~18時(最終日は15時まで)。入場無料。

【出展者(50音順、敬称略)】
穐田英則、浅羽直人、石澤潤一、井手芳男、桑原浩幸、河野信紀、塚原徹、土屋勝範、野渡優弥、樋口聡、藤井理行、巻口香奈、三田村裕、吉原勇樹、吉村俊彦、武川健太(招待作家)

※記事掲載の都合上、冒頭の写真は許可を得てトリミングしております。本物の写真はぜひ写真展でご覧ください。