「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇
拡大する(全19枚)

「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車...の画像はこちら >>

雲間から雨が時折落ちてくる、そんな些か気鬱な5月21日(土)午前9時、京成上野駅1番ホームに3600形ターボくん3668編成4両が入線してきました。

1982年にデビューした京成3600形は6両編成でした。1997年から8両編成に組み替えが行われこの時に余剰となった先頭車両(制御車)6両で新たな編成を組んだ事がターボくん誕生のきっかけ。6両の制御車にはモーターがありません。そこで3668、3621、3628、3661が3700形に準じたVVVFインバーター制御で電動車化されました。現在の3668編成は、京成成田側から3661、3628、3621、3668という全車両電動車(4M車)となっているのです。

電動発動機や空気圧縮機などの補機類は、3100形(赤電)などから再用品を流用。つまり3668編成は、赤電世代の電動発動機と空気圧縮機、3600形世代のステンレス車体、3700形世代のVVVFインバーターという3世代が同居する極めて特異な編成となったのです。

また3600形3668編成は、筆者の住む三浦半島、JR横須賀線逗子駅から分岐して三線軌条となって京浜急行金沢八景駅近くの総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所までつながる線路を使用する新車回送に先頭制御電動車編成として入線が可能なのです。

ターボくんには、このツアーのための特製のヘッドマークが付けられています。

「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇

車体には「臨時」の表示。窓にはヘッドマークと同じものが貼られています。


この記事の画像

「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像1 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像2 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像3 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像4
「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像5 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像6 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像7 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像8
「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像9 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像10 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像11 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像12
「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像13 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像14 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像15 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像16
「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像17 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像18 「「3600形ターボくん&こあら号で行く!山万ユーカリが丘線車両基地見学ツアー」同行記 前篇」の画像19