GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減
拡大する(全6枚)

GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画...の画像はこちら >>

GEヘルスケア・ジャパンは5月27日、汎用超音波画像診断装置“LOGIQ”シリーズの最新モデル「LOGIQ Fortis」(ロジック フォルティス)を販売開始。メーカー小売希望価格は9200万円。初年度国内販売目標は500台。

この販売にあわせ、同日に新製品「LOGIQ Fortis」発表&プレスセミナーを開催。GEヘルスケア・ジャパン 超音波本部 General Imaging部 梅垣 洋一郎 部長、同 小沼雅世プロダクトスペシャリスト、同 岡村陽子プロダクトスペシャリスト、同 松岡慎一 執行役員 超音波本部長らが登壇した。

また、ゲストスピーカーに、国保旭中央病院 診療技術局超音波検査室 関根智紀 超音波検査指導技師、東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部 丸山憲一 技師長、日本超音波検査学会 浅野幸宏 理事、小張総合病院 検査科 中野英貴 科長が登壇し、超音波画像診断のトレンドを語った。

フルフォーカスにより浅部も深部も明瞭に描出、高いフレームレート

GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減

(従来装置)

GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減

(LOGIQ Fortis)

この「LOGIQ Fortis」は、フラグシップモデルの「LOGIQ E10」シリーズと同じ「cSound Imageformer」を搭載。

近位部から深部にいたるまで、均一なイメージを把握できるよう、全視野・全深度フルフォーカスを実現した。

従来装置では、フォーカス近傍が明瞭に描出されているが、フォーカス以外の部分は明瞭に描出できず、関心領域に応じてフォーカスの位置を適宜変更する必要があった。


この記事の画像

「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像1 「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像2 「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像3 「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像4
「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像5 「GEヘルスケア・ジャパン LOGIQ Fortis 超音波画像診断装置を販売開始_高画質で明瞭に描出、検査者の負担を軽減」の画像6