「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動
拡大する(全5枚)
訓練中の車内の様子(停電前)

東京都交通局は24日(金)終電後、都営新宿線 大島駅などで広域停電の発生を想定した列車走行訓練を実施し、その様子を報道陣に公開しました。

訓練の筋書きは次のようなものです。

「都営新宿線全線で電力会社からの給電がなくなり停電が発生、西大島駅~大島駅間を走行中の電車が停止した。乗客を安全に避難させるため、電力貯蔵設備を活用することで、電車を隣接の大島駅まで走行させ、到着後避難誘導を実施する」

走行中に路線全線で電力会社からの給電が途絶えてしまうと、電車は架線から電力供給を受けられず止まってしまいます。停止位置が駅であればまだ良いのですが、駅間に停車した場合は歩行経路の安全確保なども必要となり、乗客を安全に避難させるのも容易ではありません。

都営新宿線では、そうした場合に備え、変電所に電力貯蔵設備を設置しています(計2か所)。イメージとしては大型の蓄電池で、回生ブレーキによって生じる電力の一部を非常用として貯蔵し、電力会社からの供給が断たれた際は、この設備から電車に給電し次駅までの走行を可能にします。

「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動
次駅走行のイメージと電力貯蔵設備(画像:東京都交通局)

今回の訓練では、駅間で停止した電車が電力貯蔵設備から電力供給を受け、大島駅まで徐行。到着後は乗客自らホームドアを手で開けて電車から脱出するという手順が確認されました。

「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動
停電後、車載のバッテリーからの供給により照明が一部点灯し、状況を確認する車内アナウンスが流れました

この記事の画像

「「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動」の画像1 「「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動」の画像2 「「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動」の画像3 「「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動」の画像4
「「もし停電で電車が止まったら?」終電後の都営新宿線で列車走行訓練、電力貯蔵設備を活用し次駅まで移動」の画像5