広電宮島口駅 7/2 新駅供用開始 約70メートル海側へ
拡大する(全2枚)
移設後の広電宮島口駅 完成イメージ 西側:県道厳島公園線側から
広電宮島口駅 7/2 新駅供用開始 約70メートル海側へ
移設後の広電宮島口駅 完成イメージ 南側:旅客ターミナル側から

広島電鉄は2022年7月2日(土)14時頃より、広電宮島口駅の新駅供用を開始する。移設後は現在の駅より約70メートル海側へ近づき、宮島口旅客ターミナルに近接することで、乗換の利便性が向上する。

7月1日(金)深夜より、線路切換や信号付帯設備の設置と点検、試運転などを実施。2日は14時頃まで広電宮島口~JR広島病院前間の電車を上下線ともに臨時運休し、バスによる代行輸送を実施する予定。2号線(宮島線内)のダイヤ改正も行われる。

(画像:広島電鉄)

この記事の画像

「広電宮島口駅 7/2 新駅供用開始 約70メートル海側へ」の画像1 「広電宮島口駅 7/2 新駅供用開始 約70メートル海側へ」の画像2