AIがインバウンドをご案内 成田エクスプレスと東京モノレールで多言語案内AIチャットボットの実証実験開始

AIがインバウンドをご案内 成田エクスプレスと東京モノレールで多言語案内AIチャットボットの実証実験開始

JR東日本グループは、本日2019年10月1日(火)より列車内での多言語案内AIチャットボットサービスの実証実験を開始する。

対象となる区間は成田エクスプレスの成田空港駅~池袋駅間および横浜駅間、東京モノレールの羽田空港第2ビル駅~浜松町駅間。対応言語は日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字・繁体字)。駅構内情報や乗換情報などがテキストチャットで確認できるという。

成田エクスプレスではJR-EAST FREE Wi-Fiからインターネットを利用すると、画面にチャットボットアイコンが表示される。

AIがインバウンドをご案内 成田エクスプレスと東京モノレールで多言語案内AIチャットボットの実証実験開始
仕様イメージ 画像:tripla株式会社

東京モノレールでは同社のホームページ右下にチャットボットアイコンを表示する。画面右下の「CHAT NOW」をクリックするとチャットボットが立ち上がり、質問に答えてくれるという仕組みだ。

AIがインバウンドをご案内 成田エクスプレスと東京モノレールで多言語案内AIチャットボットの実証実験開始
右下のアイコンをクリック
AIがインバウンドをご案内 成田エクスプレスと東京モノレールで多言語案内AIチャットボットの実証実験開始
「よくある質問」は選択肢にまとめられている

実験の背景としては交通機関におけるお客様対応の「多言語化」がある。2011年以降訪日外国人(インバウンド)観光客が急増を続けており、2017年に2,900万人を突破、2020年には4,000万人に到達する可能性もある。それに伴い多種多様な言語での問い合わせが急増していることから、各交通機関ともに対応に取り組んでいる。

今回の実証実験でJR東日本グループと組むtripla株式会社は、旅行・宿泊業界でこの問題にいち早く対応してきたスタートアップだ。同社は旅行業界向けIT・AIサービスを展開しており、2017年に宿泊施設の公式ホームページ上で顧客対応と宿泊予約ができる「triplaチャットボットサービス」をリリース。同サービスは英語・中国語・韓国語に対応していることを強みとしており、導入済みの施設はすでに国内500か所を越えている。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年10月1日のトラベル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。