職場の困った上司・同僚・後輩との付き合い方!好感度をアップさせる秘訣まで

自分の非を認めない横柄な後輩

大失敗をしたのに「私は悪くない」と開き直る後輩。プライドが高いので、頭ごなしの叱責ではなく、失敗の原因と結果を淡々と伝えて、次への反映を促しましょう。それが通用しないなら配置転換を考慮すべきかもしれません。



■職場での好感度がアップする行動・会話とは?



では、職場の人たちの好感度が上がるコミュニケーションの秘訣をお伝えしましょう。



ウィンザー効果を使おう

ウィンザー効果とは「本人や当事者から直接聞く情報より、第三者などからの間接的に聞く情報のほうが信じやすい」という心理効果のこと。たとえば、商品の口コミやレビューもこの効果を狙うものです。



陰で人を褒めておくと、話を聞いた人から、褒められた本人に、「〇〇さん(あなた)から、…と伺ってますよ」と伝わることがあります。良い部分なら、3者ともプラスの心理でつながれるのです。



対話中の相づちを工夫する

人と話すときに、相手が話した内容を「オウム返し」すると、話が弾みやすくなります。



感情を汲み取り、繰り返して、共感を示すのがポイントです。
「えっ!〇〇なんですか?」と事実を確認するかのようなリアクションも効果的。
話の中に分からないことがあれば、質問を返すと興味度が伝えられますよ。



相手に「理解されている」「受け入れられている」と感じてもらえるので、距離が縮まりやすくなります。
少し難しくなりますが、相手の話の要点をまとめて聞き返すのも有効です。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。