巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

シャンプーとリンスの減りが違う件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

花王の「メリット」。シャンプーもリンスも内容量は一緒なのに……

髪を洗っていて、シャンプーがない! リンスがない! というのはよくあること。でも「シャンプーとリンスが同時になくなった!」という経験をした試しがない。同じ時に買ってきて使い始めたはずなのに、必ずどっちかが先になくなるのはなぜなんだろう。

まあ、「なぜなんだろう」と言ったって、それは私のシャンプーとリンスそれぞれの一回の使用量が違うからなのだろうが、本人にそのつもりはない(シャンプー・リンスともポンプを一回半グイっとやるのが私の中のなんとなくの適量)。なんとか「シャンプーとリンスを同時に使い切るコツ」はないものか。花王株式会社に問い合わせてみた。

結果から言おう! 花王さんからいただいた回答には「お客さま一人ひとりの実情を完全に把握できないため、お答えできません」とのことだった。下らない質問をして困らせてしまって本当にすいません! コツを知ることはできなかったが、シャンプーとリンスの使用量に関して詳しく教えてもらうことができたので紹介させていただきたい。

花王さんの調査によれば、一回の洗髪に使用する量の平均はシャンプーが6〜10g、リンスが6〜12gと、わずかではあるがリンスの方が多い傾向があるという。もちろん、髪の長さや男女別などの個人差によって使用量は千差万別であり、上の数値はあくまでおおよそのものだ。

また、これもあくまでそういう傾向がある、ということなのだが、一般に女性はリンス(コンディショナー)の方をより多く使用し、男性や子供は圧倒的にシャンプーの消費量が多いという。これはなんとなく分かる。

一人暮らしの私でさえ、シャンプー・リンスの同時使い切りを達成できないのだから、家族で一つのボトルを使っていたりすれば事態はさらに複雑に。「仕上がり感の好みに合わせて使用量を調整することをおすすめしています」と花王さんのおっしゃる通り、「同時使い切り」に執着せず、自分に適した量をなんとなく探りながら使っていけばいいってことですね。失礼しました。
(スズキナオ)

2005年11月17日 00時00分

注目の商品