bit

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた

世界三大ブルーチーズのひとつとして有名なゴルゴンゾーラ。匂いのキツさやその外見から敬遠する人も多いが、クセの強さが人気の理由でもある。最近はスーパーでもわりと手頃な値段で手に入るし、デザートに使われたりもするので身近になった感がある。

ゴルゴンゾーラはイタリアでも人気が高く、そのままはもちろんパスタやリゾット、ピッツァなどさまざまな料理にも使われる。このゴルゴンゾーラを堪能できる祭りがミラノの近くで開催されたので、ちょっと出かけてみた。

ゴルゴンゾーラを食べに、ゴルゴンゾーラに行ってきた


その祭りが開催されたのはミラノから北東へ20kmほど離れたとある町、その名もゴルゴンゾーラという。ご想像の通り、ブルーチーズのゴルゴンゾーラはこの町の名前に由来している。ミラノからは地下鉄に乗って約30分の距離だ。

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
駅の名前はもちろん「ゴルゴンゾーラ」


近代化や工業化の流れもあり、現在この町ではゴルゴンゾーラチーズは生産されていない。ただ、起源の地ということで毎年この時期になると祭りが開催され、近郊からゴルゴンゾーラ好きが集まってくる。

祭りの会場は駅から10分ほど歩いた場所。イベント会場ではなく、近辺の道路を封鎖して開催される。入口にはカウンターがあって「ゴルゴパス」なるものが売られているが、入場券ではなくオフィシャルの露店でゴルゴンゾーラ料理と交換できるチケットという扱い。実際はパスを持ってなくて自由に出入りできる。

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
ここが受付カウンター、ゴルゴンゾーラ料理2品付きの「ゴルゴパス」は9ユーロ(約1170円)


ちなみにパスを買おうとすると、受付のおばちゃんにこんなことを言われた。

「小さい子供がいるんでしょ? 料理を受け取るカウンターはすごく並んでるからやめといたら? オフィシャル以外にも露店はいっぱいあるから、行列の少ないところ探したほうがいいよ」

ということで、パスを購入しないことを勧められた。こんなゆるさも魅力だろうか。お言葉に甘え、パンフレットだけいただいて入場することにした。

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
こちらがパンフレット、といっても会場の地図が記載されているだけだが


会場に入ると、道端にはびっしりと露店が並ぶ。メインのゴルゴンゾーラはもちろん、白カビ系やハードタイプ、羊乳チーズなどが山積みで売られている。チーズが好きな人ならこれだけで垂涎の光景のはず。

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
ゴルゴンゾーラはその場でカットして好きな大きさで購入できる


ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
こちらは熟成の進んだセミハード系のチーズ


また、生ハムやポルチーニ茸、プロセッコ(スパークリングワイン)など他のイタリア食材の露店も出ていて、ここだけでイタリアグルメは一通り楽しめそうな感じだ。

ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた
チーズよりこっちがいいという人も多いのでは?


あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年10月19日のコネタ記事
「ゴルゴンゾーラ発祥の地「ゴルゴンゾーラ」でチーズを堪能してきた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    チーズ好きにはたまらんなァ~、ツアーはないんかな、ゴルゴンゾ~ラまみれのくっさいツアー

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース