巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

一気に300ピン倒すボウリング

(上)見たことのない厚み(中)倒れたピンは店員さんが肉眼でチェック!(下)こんな風に崩れました

球を投げ、レーンに並ぶ10本のピンを倒して遊ぶのがボウリングのはず。ところが、通常の30倍、なんと300本のピンに向かって球を投げる「300本ボウリング」なるゲームを楽しめる場所があるという。ゲームソフトでおなじみの会社「TAITO」の経営するボウリング場である「X-BOWL」がそれだとのこと。

「X-BOWL」は全国に3カ所。その内、私の家から最も近いのが「X-BOWL小田原」だったので、小旅行気分で一路神奈川県小田原市へ。JR「鴨宮駅」から徒歩20分、ようやく着いたそのボウリング場の右端のレーンが挑戦の舞台。並んだ300本のピンが、まるで幻のように見える。

早速、挑戦したい旨を伝えると、お店の方は「やるんですか…。うーん」と渋い顔。なんでも300本のピンは一本一本手で並べていくため、一度投げると直すのに40分ほどかかるらしいのだ(そのため投げられるのは一日限定5名)。しかし「わかりました!挑戦をお受けしますよ」とのことで安心。300本にちなんだプレイ費300円を支払う。

場内にはアナウンスが響き渡る。「大好評300本ボウリングになんと挑戦者が現れましたー!お名前はスズキナオさん。ただいま投球の準備に入られております。どうぞ皆様ご声援をー」って恥ずかしい!こんな気分初めてだ。これは失敗できない!ちなみに見事ストライクを取った挑戦者には「ジュース1ケース」が贈られる。

投げられるのはたった1球のみ。深呼吸をし、いざ投球!どうだー!ボールはレーン真ん中を転がり、ピンに激突。ガラガラと音を立て、ドミノ倒しの要領で後ろの方まで崩れていく。とはいえストライクはならず…。係の方が何本倒れたか数えてくれる。結果は184ピン!半分以上倒れたのでまあよしとしようか。「いいとこ当たってたのにね。残念。球が軽すぎたね」と、お店の方のアドバイス。正確さはもちろん相当なパワーがないとストライクは難しいようだ。

お店の方に話を伺うと、日本テレビ系列の番組「ワールド☆レコーズ」で100本のピンを倒す「100本ボウリング」が放映されたのを受けて始められたこの企画だったが、先日、同番組で「300本ボウリング」が放映されたのをきっかけにこっちも300本に! 100本ボウリングの時には数名がストライクを取ったが、300本になってからは未だストライクは出ていないとのこと(299本が最高記録だとか!)。我こそはというあなた、ぜひ挑戦してみては!?(スズキナオ)

他にもこんなコネタがあります

2005年4月8日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品