巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

みんな大好き冷たいおっぱい

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市は東淀川区、阪急淡路駅東口すぐの東淡路商店街内にある創業20周年の老舗豆腐店能登屋の人気商品がおっぱい豆腐。10年ほど前にバレンタインデー用の贈り物として男性が喜ぶ商品をと開発されたとのこと。大2個セットで400円。バラ売りも可能だそうだが、おっぱいとなればやはり対で買うのが人情だ。小6個セットもあり、1個50円で計300円。6個もあると、おっぱいがいっぱい。ただしサイズはダウン、この辺も好みの問題か。おっぱい豆腐を油で揚げた商品もある。まさに、色んなおっぱい。

普通の四角い豆腐よりも大豆の濃度が高いそうで、大豆:水:にがりの長年の研究成果による黄金率あってのこのおっぱいの張りなのだ。特許を取得しているわけではないが、他店や他社が真似をしようとノウハウの調査に来るらしい。この度の取材にしても、最初はライバル店のスパイかと疑われもした。

元々は男が嬉しいニッチ商品だったはずなのに、現在は小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで全世代に愛される定番商品へと変貌した。

特に、おっぱい豆腐の冷奴は濃厚な上に繊細な味わいで最高。冷たいおっぱいをアテにいただく冷たいビールもなお最高。おっぱいでいっぱい。大豆は畑のミルクという例えも妙に生々しい一品なのだ。(吉田ジョージ)

2005年7月28日 00時00分

注目の商品