巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

アメリカの虹の色は六色だった

空に美しく拡がる虹。見ると嬉しくなる人も多いはず。雨上がりに空にかかった虹を見ると雨も悪くないと思ったりするもの。そんな虹の色の数はいくつかと聞かれたら、誰もが七色と答えるに違いない。

さて、その虹の色だが、七つの色を即答できるだろうか? 虹の七色とは外側から順に、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の七種類。この七色が当たり前のように日本では浸透しているが、アメリカでは赤・橙・黄・緑・青・紫の六色だということを小耳に挟んだ! 虹という現象は万国共通のはず。どういうことか?

鈴木孝夫著『日本語と外国語』によると、やはりアメリカでは赤・橙・黄・緑・青・紫の六色という虹と言う人が多いとのこと! さらにアメリカでは虹は七色という人もいるという記述もあった。この本の中には、アメリカでは虹の色は科学的には七色であるが、民衆には六色とする文化が拡がっているということであった。さらにイギリスでもアメリカと同じ六色、ドイツでは赤・黄・緑・青・紫の五色、そしてなんと南アフリカのショナ語を話す地域では三色、リベリアのバサ語を話す地域では二色という虹があるという!

これは虹の色が赤から紫まで、きっぱりと七色に分かれているのではなく、連続的に色が変化していることから、その見方の違いが生まれているのである。代表的な色を取り上げるときに、どの色を挙げるかという部分で文化による違いが表れてくるということ。そもそも虹の色が何種類であってもそれほど気には留めない文化が多いらしい。

それでも日本人にとっての虹はやっぱり七色。最近は虹を見かけることも少なくなったとよく耳にするが、今度見たら何色に見えるか目を凝らしてみたらいかが?(おむらいす)

2005年9月28日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品