bit

「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー

昨今街角で配布されている無料の雑誌「フリーペーパー」。無料ということが信じられないほどいい紙を使っていたり、ファッションやカルチャーなどのオシャレな話題を扱っていたり、サブカルチャー界隈では最先端を行くイメージがありますが…… 世の中には徹底的に「下から目線」にこだわるフリーペーパーもあるのです。

その名は「Himagine(ヒマジン)」
現役テレビAD、学校職員などさまざまな仕事ではたらく20代後半のメンバーたちが「職場バレを恐れながらこっそり発行している」という、その話を聞くだけでもムクムクと感じるものがあるフリーペーパーです。

「わら半紙」に印刷して発行


「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー


こちらがその最新号。使っている紙が…… わ、わら半紙!!
わら半紙といえば、小学校時代のときに先生が職員室で刷ってたお手製の学級通信とかに使っていた、めちゃめちゃやぶれやすい粗末、もとい独特な質感の、あの紙。
まさか21世紀も20年近く経とうとしているいまになって、現物のわら半紙を見るとは。

なんでまたわら半紙なんですか。いまやそこそこの紙でも安く作れるんじゃ……

「お金がないので公民館の印刷コーナーを使って刷ってるんです。印刷代が安上がりなので……。といっても部数が多いので、ちょっといい焼き肉1回分くらいのお金は使うんですけどね(笑)」(編集長・マツさん)

「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー


学校の職員室で見たことあるぞ……この機械。まだ現役だったんだ。むしろよく見つけましたね。

「とにかく読めればいいや!と思って。編集に夢中になりすぎちゃって、なかなか紙質とかまで気が回らなくて。つくりはアレですけど、僕らの中身がほとばしってる内容をぜひ見てみてください」

そうマツさんに促されて中身を開いてみると……

現役テレビADが選ぶ「“寝心地の良い床”選手権」


「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー


いきなり「テレビADが選ぶ」シリーズが続いていますが、これは……

「編集部員のなかに、某キー局の現場ではたらく現役のテレビADがいるんですよ。世間的なイメージ通り、ADって壮絶な仕事ですからね。徹夜で作業しても、きちんとしたベッドで寝られるような場所もないんです。
でも人って、生きるためには寝ないとダメじゃないですか。怖いディレクターの怒号からも逃れて安息をはかれる場所を探していたら、局の床(ゆか)がすごい良かったらしいんです」(マツさん)

「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー


そんな渾身の記事がこちら。「ADが選ぶ、寝心地のいい床選手権」。同じ現場ではたらく同僚たちに向けての配慮なのか、具体的なフロアや場所まで写真つきで掲載されています。

記事ではモザイクかけましたけど、これ見る人が見たらモロ具体的な場所じゃないですか。地名とか、編集室の机の下とか……

「ご配慮ありがとうございます。地獄のなかでも足を伸ばして寝られる場所を見つけられた喜びをみんなに伝えたくて……。ちなみにいちばん良かったのは、鬼ディレクターがいるフロアの脇にある非常階段ですね。近すぎると逆に気づかれにくいみたいです。灯台下暗し、ということわざの意味を社会人になって実感しました

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2019年1月9日のコネタ記事
「「寝心地の良い床 選手権」現役テレビADたちが“わら半紙”でつくるフリーペーパー」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    そのウェイ系偽物や。ウェイ系に成りすましてるだけや。元はおまえら。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース