巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「和田アキ子、意外と小さい!?」を検証した

自販機も電話ボックスも滑り台も……町には和田アキ子をこえる「大物」がたくさんあります。

「アッコの家の玄関には、カヌーがある。よく見ると、それはアッコの靴だった」
「アッコの傍では、携帯は圏外になる」
「アッコのスリッパを便器と間違えて、しゃがんだタレントがいる」
「アッコが車ではねられたとき、車が壊れた」
「車ではねられたアッコは、工場で修理される」
など、数々の伝説を持つ和田アキ子。

一般にはすっかり“巨人”として認識されている彼女だが、以前、リーブ21のコンテストで見かけた「実物」は意外に華奢で、158センチ程度の自分と比べても、さほど変わらない体格に見えた。
もしかして、和田アキ子、意外と小さい!? この衝撃を友人たちに話したところ、誰も相手にしてくれなかったので、プロフィールを確認してみた。意外や意外、和田アキ子の身長は173cm! 180cm以下の和田アキ子なんて、想像できますか? 2mくらいあると思っている人もいるのではないでしょうか?

『2005日本タレント名鑑』で、めぼしい長身著名人を調べたところ、大林素子は182cm! 益子直美は175cm、石川亜沙美は178cmで、江角マキコが170cm、マッハ文朱は178cmだった。このデータには収録されてないが、南海キャンディーズのしずちゃんは182cm。江角、小さっ!!(←基準がもう、わけわかんなくなっている)
こうして比較すると、和田アキ子もけっこう小さいほうですよ。

では、173cmはいったいどのくらいの迫力なのか。メジャーを手に、身近なレベルで測定・比較してみた。
まず我が家の冷蔵庫は高さ164cm。鴨居から床までは180cm。タンスの高さは178。住宅サイズでも、「173cm」はそれほどバカでかい代物ではありません。
外に出てみると、飲料の自販機の高さは178cm、公衆電話のボックスの高さは205cm。さらに、公園に目を向けてみたところ、滑り台の高さは184cm、うんていの高さが210cmと、アッコ、ことごとく完敗である。

にもかかわらず、これだけデカイデカイと言われるのは、あの貫禄・オーラによるものなのだろうか。
寸法的には(さば読みがない限り)意外と小さい和田アキ子。158cmの私だって、決して手が届かないものではない気がしてきました。
(田幸和歌子)

他にもこんなコネタがあります

2005年12月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品