巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

美味しんぼの士郎VS雄山、現在何勝何敗?

このエントリーをはてなブックマークに追加

数々の名勝負。なかでもサラダ勝負で何も手を加えない鉢植えのトマトを出したときと、水勝負で、バラの花にたまった、かぐわしき朝露を飲め、と言う雄山さんにグッときました。

グルメマンガの金字塔、『美味しんぼ』。現在もなお連載が継続中。

主人公・山岡士郎が繰り出す「究極のメニュー」と、その実の父である海原雄山が送り出す、「至高のメニュー」の料理対決がストーリーの核。幾度となく繰り広げられる、新聞社2社を巻き込んだ壮大な親子ゲンカ、じゃなくて名勝負。
昨年05年には、いよいよメニューを完成へという雲行きも見せたが、ここらへんでちょっと整理。
士郎と雄山、結局何勝何敗なんだ!?

現在発売中の『美味しんぼ』のコミックス、93巻までの通算859話を、雄山との対決を中心に読んでみた。ちなみに雄山がらみの話は270話ほどあり。

まず、連載早々に大原社主に、「『究極のメニューを作ることじゃ』」と命じられるが、士郎、全く興味なし。しかし、6話目に登場した雄山にこてんぱんにされ、引き受けるという展開。
15巻で「至高のメニュー」が登場、ここから長い長い親子バトルの本格的スタート。
序盤30巻までで士郎3勝、雄山4勝、引き分け6回と、一歩雄山リード。41巻のおせち対決と朝食対決で士郎、初の連勝。波にのってきた43巻で士郎、栗田ゆう子さんにプロポーズ、47巻で2人の結婚式となる。
結婚披露宴もやっぱり対決の場となったのだが、ここまでで士郎6勝、雄山6勝、分け13回と、五分の星。結婚もして、士郎もようやく一人前だなあと、感慨にふけっていた。
ところが。

新郎・士郎が、こんなスピーチを。
「公式非公式を含めて34回対決して、われわれの6勝13敗15引き分けです。『究極のメニュー』の圧倒的な敗北の歴史です」
むう……。士郎め、余計なことを。
数、全然違うよ。なんだ、13敗って。
士郎はオレの知らないところで7回も負けていたのか。そんな対決、知らんぞ。単行本未収録か。
47巻ぶん費やした時間が一気に色あせ、かなりへこんだが、継続。このあとの数字は、「参考記録」とさせていただきます。

で、59巻で対決再開、68巻で栗田さんご懐妊、75巻で双子誕生!(「抱いてやってください」と言われ、「なに?」とたじろぐ雄山、ちょっとカワイイ)
93巻まで、単行本上で発表された対決のべ38戦(うち1戦は、ノーゲーム)。
結果。「究極のメニュー」9勝(勝率2割4分3厘)、「至高のメニュー」12勝(3割2分4厘)、16回の引き分け。

まあ、「どっちも素晴らしかった」と、引き分け判定されることの多いこの対決ではあるが、いまのところはこんな感じ。別に雄山ばかり勝ってるわけでもない。

せっかくなので、劇中「むう」だの「ほう」だの「なんと」だの、やたら感心してうめいたり、叫んだりする雄山さん、その口癖もカウントしてみた(ていうか、こっちのほうが、何倍も大変だった)。
一番多かったのは「なに/何」という驚きで、43回。ついで、「ふむ」の38回。
以下、詳細は省きますが、10位まで。
「うむ」&「ふ」25回。「ほう」24回。「なるほど」23回。「ふうむ」20回。「ふん」17回。「むう」16回。「む」14回。
“む”と“ふ”が多いな。どっちでもいいが。
(太田サトル)

他にもこんなコネタがあります

関連キーワード

2006年1月11日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品