巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

宇宙飛行士、パイロット、目が悪くてもなれるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼鏡をかけていても、宇宙飛行士にも、パイロットにもなれます!

先日、10年ぶりの日本人宇宙飛行士の募集が終わった。1,000人近い応募があったそうだ。目の悪い筆者(近視)、宇宙飛行士はとても無理と諦めていたのだが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の募集要項を見てちょっと驚いた。
「視力:両眼とも矯正視力1.0以上(注.裸眼視力の条件はありませんが屈折度等の基準があります……)」
これは、眼鏡やコンタクトで1.0以上ならよいということ。筆者も宇宙飛行士になれる! と喜んだのだが、近視については「屈折度-5.50ジオプトリ(D)以内」という条件も付いている。「ジオプトリ」とは目の屈折度を表す数値。マイナスになるほど強い近視になるが、眼鏡の「弐萬圓堂」(にまんえんどう)の梅津さんによると、「-5.50D」は裸眼視力で0.04ぐらいだとか。誰でもというわけにはいかないが、かなり目が悪くても、宇宙飛行士になれる可能性があるのだ。

近年、宇宙飛行士の裸眼視力の条件はかなり緩和されているという。そのあたりの事情を、JAXA宇宙飛行士健康管理グループの立花さんに聞いた。
「裸眼視力が悪いというだけで、有能な人を落とすのはよくないということです。近年の航空宇宙医学では、軍のパイロットに眼鏡やコンタクトを付けさせた実験などから、矯正視力がよければOKという結論です」
レーシックなどの視力矯正手術も、主にアメリカでの経験から、術後1年以上問題がなければOKだという。しかし、眼鏡やコンタクトを使っている宇宙飛行士が本当にいるのだろうか。
関連キーワード

2008年7月16日 10時00分

注目の商品