巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

昼は蕎麦屋、夜は寿司屋になる店って!?

ひとつのお店で、ふたつの楽しみを。

居酒屋が昼に定食を出したり、ラーメン屋が夜になると飲み屋になったり……。
時間帯や曜日によって、提供するメニューや店の屋号まで変える「二毛作」といわれる業態が増えている。

だが、実はなんと30年ほど前から、昼と夜で店の名前も、出すメニューも全く異なる店が、東京・高田馬場にあると聞く。
昼は「吉田屋そば店」、夜は「幸寿司」に変身する二毛作店だ。そばと寿司では、材料などもあまり共通するとは思えないけど……。なぜこんなスタイルに? 幸寿司に聞いてみた。

「もともと寿司屋を親子きょうだいでずっとやってきたんだけど、姉が出戻ってきて、『昼間に店があいてる時間もったいないから』と、同じ場所で商売することになったんですよ」

「あいてる昼の時間帯を有効活用」というところまでは、普通の発想だ。それが、なぜそば屋に?
「昼から寿司を食べようなんて人、あまりいないでしょ。だから、昼は、手軽な立ち食いそばをやったら? ということになったんです。ちょうど駅前で、ライバル店もいないことだしってことで」

日曜祭日が休みとなるほかは、平日朝6時半から13時半まで「そば屋」を営業し、17時から24時まで「寿司屋」にシフト。確かに、死んだ時間がわずかで、経営効率は良いが、「変身」がどのように行われているのかというと……
「そば屋になるときは、ガス台を置いて、イスを上にあげ、ケースが見えないように台を置いちゃうんですよ」

それにしても、約30年間、「そば屋」「寿司屋」の二毛作をやってきたことは、並大抵のことではない。
関連キーワード

2008年9月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品