巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

機能性無視!? 『ロボット眼鏡』を試す

このエントリーをはてなブックマークに追加

黄色いレンズに縦縞。ロボットの目をイメージ。

( 1 / 2 )

『キン肉マン』の超人で一番好きなのは、絶対にウォーズマンである。
あの“ファイティング・コンピュータ”という異名。生身の超人たちに混じっての“ロボ超人”という呼び名も、唯一無二でソソる。大好きです。

そんな私にとって、待望の商品が発売されている。その名も『ロボット眼鏡』。
今年の6月に発売されたこの商品、写真を見ていただければ分かると思うがレンズが真っ黄色で、しかも縦縞が入っている。
この眼鏡をかけてみるとアラ不思議、気軽にロボットの雰囲気を身にまとうことができる。
商品説明によると、
「70年代に多く使われていた、あの縦縞による『ロボットの目』の表現。一部のマンガ等で現在も用いられているその表現は、ただ“目がそうなっている”というだけで、当時の子どもに何ともいえない科学への憧れを感じさせたものです」

「当時の未来であった21世紀の現代、あの感じを誰にでも気軽に身につけられるファッションアイテムに落とし込めないかと生まれたのがこの“ロボット眼鏡”です」

なるほど。早速、取り寄せて体験してみた。
……見にくいよ! 視界が完全に黄色なうえ、縞の部分が景色をジャマして不自由すぎるったらありゃしない。
商品説明には、こう書いてある。
「視界が半端無く悪いので、着用は正直お勧め出来ませんが、持ち歩くだけでもかなり気分が出るかもしれません」
自覚してんのか(笑)。
注意書きには
「目に掛けた状態での歩行は非常に危険です。乗り物の運転、格闘等、絶対にしないで下さい」
って、しないよ! まして格闘なんて……。
関連キーワード

2008年9月16日 10時00分

注目の商品