巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

トイレにペットボトルという落とし穴!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

詰まりの原因にもなるタンク内のペットボトル。節水をするなら、洗顔時に水を出しっぱなしにしないとか、トイレ以外の所で節約したほうが良いかも

最近、我が家のトイレを流す時の水がおかしい。なんだか水の流れが弱いのだ。
何が原因なのだろう?

TOTO株式会社の広報部に考えられる原因を聞いてみた。
「まず、タンクレストイレ(タンクがないトイレ)の場合とタンク式のトイレでは、原因が分かれます。水道からの水を使用するタンクレストイレの場合、高所など低水圧の場所では水の勢いが弱くなることもあります。また、シャワーなどを同時使用していると、水の勢いが落ちることがあります」

なるほど、タンクがないタンクレス式は水道から直接水を引くので、水圧がないと水の勢いが落ちてしまうのか。
しかし、我が家のトイレはタンクを背負ったタンク式だ。

「タンク式の場合、タンク内に水が規定量たまっていれば、水の勢いが落ちることはまずありません。タンク式はタンク内の水を使って洗浄するので、シャワーなどを同時に使っていても、また低水圧の場所でも問題はありません」とTOTO(株)の広報部。

ということなので、タンク内の水量をチェックしてみるが、タンク内の水面はしっかり規定ラインよりも上にある。
水の勢いがないというテーマだからなのか、この問題はすっかり暗礁に乗り上げてしまった。

八方ふさがりかと思いきや、TOTO(株)広報部の意外なお言葉。

「節水のため、と言って、ペットボトルなど入れているようであれば出してみてください」

ペットボトル? トイレのタンクにペットボトルなんて入ってるわけ……あっ。
関連キーワード

2008年9月18日 10時00分

注目の商品