巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ギネス記録、更新された側はどうなるの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

このひとも、ギネス記録保持者です。

[拡大写真]

最近では、劇団ひとりが『笑っていいとも! 増刊号』の企画で、「レモンの早食い」「にんにくの早食い」の記録を樹立するなど、本当にいろんな記録があるギネスブック。

記録を更新した側はニュースになり、注目を浴びるけど、その一方で、「破られた側」はどうなるんだろう。もしかして証書を返還させられたりするもの? 

「ギネスに挑戦」を合言葉に、ジャンボのりまきの記録に挑戦してきた福島県小高町商工会に聞いてみると……。
「挑戦は10年くらい前にやめていますし、実際には『ギネス記録に挑戦』というだけで、申請はしてないんですよ。申請だけでウン十万円かかったり、英語で申請とか大変でしょう?」
いまはギネス社のHPから日本語で申請できるようになっていたりするのだが、確かに申請は大変なこと。小高町の場合、実際に申請もしていないのだから、「更新」もされていないわけだった……。

では、今年、インドにギネス記録を破られたばかりの西尾市はどうか。
2006年10月8日、「ギネスに挑戦!! まちなか1万人 西尾大茶会」のイベントで1万4718人の参加者を得て、お茶会のギネス記録を達成。今年、「インドのインドール市で開かれたティーパーティーに3万2681人が参加」として、記録を更新されたと聞くけど……。

西尾市商工課に聞いてみると……。
「ティーパーティーのことは、国際交流しているインドのインドール市から、こちらの情報課にメールが入りました。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年10月1日 10時00分

注目の商品