巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

果汁100%なのに炭酸?・果汁200%って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『トロピカーナ 100%フルーツスパークリング』。

( 1 / 2 )

果汁100%のジュースを購入する際、“濃縮果汁還元”という表示をよく見かける。過去のコネタでも触れていたが、この製法は搾った果汁の水分を飛ばして数倍に濃縮して冷凍保存しておき、使用時に水分を戻す製法のこと。最初に飛ばした水分と同量の水分を戻せば、もとの果汁と同じ濃さになり、理論上果汁100%のジュースになる。対して、果汁を濃縮せず、果汁をそのままにパックした“ストレート”という製法がある。

この“濃縮還元”製法ならではの、ちょっと目先の変わったものを見つけた。

○果汁100%なのに炭酸!?

まず1つ目は、『トロピカーナ 100%フルーツスパークリング』。

“100%なのに炭酸”というのは、濃縮果汁に水分を加えて100%に戻す際、炭酸ガスを吹き込むことによって実現できる。“みずみずしい果汁を軽やかに楽しめる100%果汁炭酸”というキャッチコピーがついていて、「グレープフルーツ」「グレープ&ベリー」「マスカットブレンド」の3種類が発売されている。

以前差し入れでいただいたのだが、果汁のフレッシュ感に炭酸の爽快感がプラスされていて美味! 砂糖を加えずに、果実由来の甘さだけで作られているというのもうれしい。その場にいた女性陣からも「これ美味しい~!」の声があがっており、仕事の合間のリフレッシュなどにピッタリな気がした。

○果汁200%って?

2つ目は、果汁200%の 『ポッカ焼酎用グレープフルーツ』。

スーパーのお酒売り場でうろうろしていた際に、ラベルに“果汁200%”という表示を発見し、「えっ、200%って?」と思い、手にとってみた。
関連キーワード

ライター情報: 磯谷佳江/studio woofoo

可愛いものと美味しいものを愛するフリーライター。普段はアニメ・ゲームを中心に歌詞を書いています。

2008年11月7日 10時00分

注目の商品