巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

体脂肪の数値が一瞬で大きく変わるのはなぜ?

ライター情報:田幸和歌子

体脂肪、気になっちゃいますね。

おせちにお餅、酒、寝正月……。体重やら体脂肪やらが心配な時期だけど、以前から気になっていたのは、体脂肪の場合、はかるたびに数値が大きく異なることがあるということだ。

「うわ! すごい数値!」と慌てて、5分後に再度はかってみたら、「5%も減っていた、ああ良かった」……なんてことはちょくちょくある。

体重なら、「トイレに行っただけで1キロ減った」なんて話もよく聞くし、瞬時に変動するのはよくわかるけど、体脂肪ってアテにならないの? どんなときにはかるのが良いの?
体重計・体脂肪計でおなじみのタニタに聞いた。

「体脂肪の数値が一瞬で大きく変動した場合、考えられるのは、体水分が影響しているということです。体重計にのったとき、足に銀色の電極版が触れることで、体の水分量によって電気の抵抗をみて、体脂肪が決定されるんですよ」
どういうことかというと、筋肉の場合、水分を多く含んでいて電気を通しやすいが、脂肪は水分をほとんど含まず、電気を通さない性質があるのだとか。その性質を利用し、電気の抵抗によって体脂肪がわかるというしくみだが、問題は、体調によって水分量が異なってしまうこと。
「たとえば、水分が適度にあると、きちっと電気が通るのですが、朝起きたばかりだと、水分が全身にいきわたっていないため、体脂肪が高く出ることがあります。また、お酒を飲んだ後など、脱水症状になっていると、体脂肪が高く出る傾向があるんですよ」
5分後でも大きく体脂肪が異なる場合には、「足に汗をかいてしまう」などが影響していると考えられるそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年1月6日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品