巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

店員さんを呼ぶ言葉「すみません」に関する考察

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

カフェで店員さんを呼ぶとき、なんと声をかけますか?

ビッグコミックスピリッツ連載中の『上京アフロ田中』で、先日、ちょっと気になる話があった。

主人公・田中が合コンに出かけたときのこと。相手の女の子がキャバ嬢ではないかという読みがあり、その根拠として挙げられたのは、こんな内容だった。
「飲食店などで店員を呼ぶとき、フツウの人は『すいません~』と呼ぶ。でも、キャバ嬢は、仕事で黒服を呼ぶときのクセで『お願いします~』と呼ぶ」
もちろんギャグマンガのネタだし、統計などあるわけもないので、真に受けるのはナンセンスだが、それにしてもちょっと面白い考察だ。

その一方で、以前、食事のマナー本の著者に、こんな注意をされたことがあるのを思い出す。
「お客さんがお店の人を呼ぶとき、『すみません』と言うのはおかしいですよ。必要以上にいばることもないけど、へりくだるのもおかしい。『お願いします』のほうが良いです」
また、別のマナーの先生も、「『すみません』は謝られているみたいで、逆に良い印象がない。『お願いします』のほうが感じが良いですよ」と言っていた。

そんなわけで、自分自身は、以来、できるだけ「お願いします」を使ってみたり、「でも、『すみません』のほうがフツウだよな?」と思ったり、「すみません、お願いします」とくどい言い回しになったりと、いまだに迷っている。
お店の人としてはどう感じるもの?

都内のカフェ店員さんに聞いてみると……。
「『すみません』って言う人のほうが多いですよ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年1月26日 10時00分

注目の商品