bit

「ナチスの犯罪と同様のことが起これば私たちの責任」 考える人間を育てるドイツの歴史教育

「ナチスの犯罪と同様のことが起これば私たちの責任」 考える人間を育てるドイツの歴史教育
書店に並ぶ高校卒業資格試験の参考書

6年前にドイツに来た当初、ナチスの残虐行為をためらいなく罪として扱うのに私は衝撃を受けた。第二次世界大戦の加害の歴史に向き合う姿勢に目を見張る一方で、ドイツ人は過去のことで常に罪を問われている気持ちにならないのかと気を揉んだ。

何度かこうした心配を口にした中で、特に驚いたのはある友人からの言葉。彼女は「過去の犯罪に対して私たちに直接の責任はないため、ナチスの行為を自分たちの罪とは感じない。しかし、もし将来同じようなことが起これば、それは私たちの責任」と言い、過去についての捉え方の違いを実感した。

この友人は、当時高校を卒業したばかりの18歳。彼女がそれまでの時間を過ごした主な場所は学校だ。ドイツの教育、特に歴史教育は彼女のような人間を育てるのかとずっと関心があった。そこで今回、ドイツ南西部、シュトゥットガルトが州都のバーデン・ビュルテンベルク州のキムナジウム(ドイツの進学を目的とした高校の総称)で歴史を教える教師に話を聞いて、ドイツの歴史教育について調べてみた。

自ら考える人間を育てる ドイツの歴史教育が目指すこと


バーデン・ビュルテンベルク州が掲げる目標や現場で働く教師らによると、同州の歴史教育では「歴史を未来への指針として役立てる力」が特に重視されている。これは過去と現在のつながりを理解した上で、自ら考えて行動できる力を指す。歴史上のできごとに関する情報は、生徒の価値基準の形成に役立って初めて意味を持つのだ。
「ナチスの犯罪と同様のことが起これば私たちの責任」 考える人間を育てるドイツの歴史教育
ブランデンブルク州高校卒業試験のための参考書。ドイツの学校制度は州ごとに異なるため、試験も州ごとに行う

ドイツの歴史教育の意義や目的の背景には第二次世界大戦での敗戦経験がある。戦後、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の連合国は、ドイツの学校制度がナチスの温床になったとみなし、その改革に乗り出した。元々は外からの圧力だったとはいえ、教育が無抵抗で権力に従う市民を育てたという自覚、こうした市民がナチスの犯罪を許したという認識が広まり、現在のドイツの教育においては「自分の意見を持つこと」「自分の行動に責任を持つこと」が重要視されている。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2019年2月14日のコネタ記事
「「ナチスの犯罪と同様のことが起これば私たちの責任」 考える人間を育てるドイツの歴史教育」の みんなの反応 116
  • 、そして欧米の嘘に乗っかる特亜 通報

    欧米列強によるアジア、アフリカの植民地どれい化が戦争の火種であり、大韓帝国が日帝との併合を選んだのもそのためだ。米国は原爆投下と植民地化を正当化したいため、併合の方が酷かったと嘘を垂れ流した、

    8
  • 匿名さん 通報

    日本のウヨは世界中から軽蔑されているんだよ。過去を捻じ曲げ、最近は「日本は無条件降伏をしていない」という新しい妄想まで言い出した。馬鹿を操っているのは自民党議員。

    7
  • 匿名さん 通報

    ウヨに良心はないし、論理も法律も理解できない。性犯罪が大好きだから「詩織さんは朝鮮人」などのデマも平気で垂れ流す。良心の欠落は精神疾患だと英研究でわかっている。

    7
  • 匿名さん 通報

    「過去の犯罪に対して私たちに直接の責任はないため、ナチスの行為を自分たちの罪とは感じない。」おかしいな。ドイツを見習え。謝罪しろ。と言う国がいるが謝罪どころか罪とすら感じてないぞ。

    7
  • 妄想で子孫まで侮蔑する半島民2/2 通報

    ..半島民の大半がぶら下がり体質で、日本に守られ、当時の世界情勢の中では美味しい思いをしてきたのにも関わらず、敗戦とともに米国と李承晩の嘘に乗っかり、小中華思想も相まって日本を侮蔑工作し始めた。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース