巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ワタシの小さな気象予報士 「晴雨予報グラス」

ライター情報:宮沢弥栄子

「晴雨予報グラス」のパッケージ。

( 1 / 2 )

外は微妙な曇り空。傘を持って出ようかどうしようか……そんな時にお天気を予想してくれる便利なグッズがある。この小さなガラスの地球儀、「晴雨予報グラス」だ。

原理は極めてシンプルで、半分水で満たされたガラスの球体から細い管が伸びており、気圧が下がれば水が吸い上げられて細い管内の水面が上昇、逆に気圧が高くなれば水面が押されて下がるという仕組み。これで本当に数時間後の天気をズバリ当てられるのか? 早速実験スタート!

自宅のリビングにセッティングして半日、外は快晴で天気が安定しているにもかかわらず、水位が急上昇。しかし調べてみると、これはエアコンのせいであることが判明した。室内でもエアコン近くのような気温変化が大きい場所では正確に測れないので要注意だ。
今度は気温がほぼ一定な環境、オフィスのデスク上で再度実験してみた。
<実験条件>
気温:22度で一定 湿度:55%でほぼ一定 観測地点:東京都中央区
<結果>
日付   気圧(hPa) 水位(cm) 東京の天気
11/27(木) 1013     0      雨
11/28(金)  994    +8     晴れ
12/1(月)  1021    -3     晴れ
12/2(火)  1016    +1     晴れ
12/3(水)  1014    +1     晴れ
※水位は毎朝10時に観測

11月28日(金)の朝はグーンと水位が上がって溢れんばかり、そしてこの日の気圧を確認すると、994hpa。
関連キーワード

ライター情報: 宮沢弥栄子

マーケティング・リサーチャーで気象予報士。気になったことは何でも調べずにはいられない体質。得意分野はお天気と生物ネタ。

2009年2月10日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品