巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

コンビニ店員の名札が、ひらがなの理由

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カタカナではなく、ひらがなというところもまた、ひとつのこだわりです。

ここ何年か、いろんな店で、店員の名札に書かれた名前がひらがな化してる気がする。
僕の場合、行く機会の多いコンビニで特に、その印象が強い。昔はそんな印象がなかったけど、最近はどこもかしこも、ひらがな名札のような気がする。

どうして名札の名前はひらがなになったんだろう。ひらがな名札を採用している、大手コンビニ5社に同じ質問をぶつけてみた。

「来店されるお客様の年齢層が幅広いため、お子様など誰が見ても名前が読めるようにと、ひらがなで書いております」
なんと、各社みんな同じ答え。これ以外に理由はないとキッパリ。いろんな意図があると思ってたけど、聞くのも恥ずかしいほど、当たり前の回答だった。漢字にふりがなをふるよりも、大きな文字でひらがなだけを書いた方が、ひと目見てわかるからだという。

ところでコンビニでは、外国人の名札もひらがなになってる。例えば中国人の「り」さんや「ちょ」さん。この場合はもとが漢字だから読みやすいけど、「ぼぶ」さんや「すみす」さん、それに「むはまど」さんや「びくとーる」さんみたいになってくると、もともとカタカナなだけに違和感を覚える。ファミコン版ファミスタの、助っ人外国人みたいだ。そして一旦そういう目線になっちゃうと、「よしむら」さんや「なかはた」さんさえも、往年の名選手に見えてくる。

どうして、カタカナで書いた方が読みやすそうな外国人名も、わざわざひらがなで書いているんだろう?
「統一性をもたせて、ひらがなにしております」(サークルKサンクス)
「特別に理由はなく、同じように名札を作っているというだけです」(ミニストップ)
これも各社似たような理由だった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年3月24日 10時00分

注目の商品