巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

なぜ男は「電車」に惹かれるのか?

ライター情報:宮沢弥栄子

電車に群がる男たち。何が彼らをこれほどまで惹きつけるのか?

「でんしゃ、のゆー!」
(電車、乗るー!)
2歳3カ月の息子は電車と車が大好き。

子供が生まれる前から、オトコだからオンナだからという決めつけはせず、その子らしさを大切にしようと決めていた。男の子だってお花や人形が好きでもいいんだよ……そんな親の思いとは裏腹に、1歳半頃から急に乗り物に興味を示すようになった息子。

踏切では「でんしゃ、きたー!」
道を歩けば「とらっく、ばす、ごみしゅーしゅーしゃ、のゆのー!」
同じ月齢の女の子はお人形遊びやお買い物ごっこに夢中らしい。うちの子が一日中遊べる電車博物館も15分で飽きてしまったとか。

意識して乗り物オモチャを与えたわけでもないのになぜこのような違いが現れるのか?
赤ちゃんといえばここ、東京大学「赤ちゃんラボ」の開一夫(ひらき かずお)准教授に質問してみた。

「まず、赤ちゃんは動くモノに注目します」
これはママなら誰もが知っていることだが……。

「赤ちゃんの知識……というとちょっと変な表現ですが、人が生まれながらに持っている知識の中で“自ら動くモノ”といえば人間か動物しかない。だから動物ではないものが自分の力で動いているのは非常に不思議なことで、強い興味を持つと考えられます」
自然界に存在しないもの、イコール “赤ちゃんの知識”を刺激するもの。だから大きな箱が規則的に動いているだけで不思議でたまらないらしい。

では、特に男の子が乗り物に惹かれる理由は?
「人は胎児期にテストステロンという男性ホルモンの一種を浴びるのですが、その量が多いと『システム化が得意な脳』に、少ないと『人の心に共感するのが得意な脳』になるという研究があります。
関連キーワード

ライター情報: 宮沢弥栄子

マーケティング・リサーチャーで気象予報士。気になったことは何でも調べずにはいられない体質。得意分野はお天気と生物ネタ。

2009年3月29日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品