bit

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた


先日「ワードバスケット名人戦」という、いわばしりとり日本一を決める大会が開催されました。大会はどんなもので、どんな人が日本一に輝いたのでしょうか?

「ワードバスケット」名人戦とは?


「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
カードゲーム「ワードバスケット」


カードゲーム「ワードバスケット」はしりとりがベースのゲーム。難しいルールは特になく、カード運や戦略などが加わったことで、より深く楽しめるようになっています。好きだという人は多く、実はSEKAI NO OWARIや嵐など、有名人にも愛好家がいるんだそうです。

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
名人戦開催の案内


スタッフの方に今回の名人戦の開催経緯を聞きました。楽しみ方がさまざまなのがこのワードバスケット。友達や家族で気軽にワイワイ遊ぶのが通常ですが、「競技カルタのようなガチ勝負も面白いのでは?」と提案があり、昨年初めて名人戦を開催。1回きりでなく定期的に行いたいと考え、今回無事2度目の名人戦開催となったとのこと。

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
現在名人のyas-oさん


ところで、実はメインスタッフのyas-oさんこそが前回の優勝者であり、現在名人位をもつ人物。つまり今回1位になると、最後はyas-oさんと名人位をかけた一騎打ちが待っているのでありました。

初対面の人と遊ぶ、しりとりは楽しい!


「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
名人戦の会場入口


大会に集まってくる約50名のしりとりファンたちは、性別も、年代も(下は学生から上は筆者の両親くらいの方まで)さまざまです。

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
「ワードバスケット」考案者の小林さん


スタート前には開会式が行われ、「ワードバスケット」の考案者・小林俊雄さんのご挨拶がありました。たくさんプレイする人がいてうれしいという言葉に続き、他言語版の話に。日本語だからこそしりとりは面白く、他言語も欲しいという打診はあるがいろいろ難しいとのこと。

というわけで「他言語版がない今、本大会は実は日本一でなく“世界一決定戦”です!」との宣言に会場が湧きましたよ。

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
名人戦の各席


予選はまず抽選で組み分けをし、4人の中で先に2勝した順に応じ得点が付与。4人を新たに組み替えて計10試合行い、総得点の上位16名が決勝トーナメントに進出。常に好成績でないと勝ち進めず、少しシビア!

改めて「ワードバスケット」のルールですが、配られた文字カードを出し切った人が勝者。やりかたはシンプルで“場に出たカードの文字で始まり、手持ちのカードの文字で終わる”言葉をとにかく早い者勝ちで出す、という流れ。連続して同じ人が出し続けることも、しりとりが成立していれば問題なし。

「し」が場で、手持ちが「え」「か」「き」なら、「ジビエ」→「演歌」→「岩石」(濁音などの付け替えは自由です)と連続して出せれば勝利! 

……理屈はわかっても瞬時には言葉が浮かばないうえに、実際は他のプレイヤーが「エキサイト」と出して場の文字が変わるなど(今度は「と」で始まる言葉でないといけない)、さまざまな思惑が交差しなかなか理想通りになりませんよ!

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
いざ、ワードバスケットでしりとり開始


予選から筆者も参戦しましたが、初めて会う人とのしりとりはとても楽しい!

一番びっくりしたのは、カワイイ女の子と対戦した際にテレビだと「ピー」が入るような単語(きゃっ!)もサラリと発していたこと。友達と遊ぶ際は、大体趣味嗜好から推測できる言葉が出やすい中で新鮮に感じました。

大会のために語彙を磨いている人もいました。例えば『運否天賦(うんぷてんぷ)』という四字熟語がそのひとつ。通常なかなか使うことがないワードですが、これを“うで始まって、ふで終わる言葉”として覚えてしまったんだとか。

感想戦も盛り上がります。素晴らしい試合の後に“ひで始まって、もで終わる言葉”があるか?という話になり、敵味方関係なくあれこれ討議。近隣のテーブルの人も一緒に考える流れに。2分ほども思案が続き「干からびたイモしか出ない」と大喜利っぽく終わりそうだった瞬間に、隣から「ひこうき雲」と見事な答が出て、周囲から感嘆の声が漏れましたとさ。

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
予選成績の記録シート


さて予選前半を終え、筆者は5試合全て2位という謎の状態。1位になった人たちはさすがに猛者が多く苦戦しましたが、後半は成績が近い人同士の対戦で運に恵まれ、決勝トーナメント進出が決定!

「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた
決勝トーナメント


あわせて読みたい

  • 会話が苦手なあなたが「語る」ためのカード「カタルタ」とは?

    会話が苦手なあなたが「語る」ためのカード「カタルタ」とは?

  • 蛭子さんがデザインする“人間観察”ビンゴカード

    蛭子さんがデザインする“人間観察”ビンゴカード

  • 需要を見極めろ! 「交易王」で戦ってみた

    需要を見極めろ! 「交易王」で戦ってみた

  • 究極の遠回しゲーム『KY式日本語カルタ』で遊んでみよう

    究極の遠回しゲーム『KY式日本語カルタ』で遊んでみよう

  • コネタの記事をもっと見る 2018年12月27日のコネタ記事
    「「しりとりカードゲーム」日本一決定戦に参加してみた」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      本文のトリックに感心しました。あ

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース