bit

料理の先生が「料理をやめてみる」ことをすすめる本を書いた理由

料理の先生が「料理をやめてみる」ことをすすめる本を書いた理由
本多さんが主宰する「見るだけ」のお料理教室の様子。「座って見ているだけ」の気軽さがウケて、のべ12,000人が参加しているという。リラックスしすぎて、途中で居眠りしてしまう人もいるとか

安価なお弁当屋や定食チェーンなども増え、便利な世の中になったとはいえ、夕食は自宅で調理したものを家族と食べるという人もまだまだ多いのでは? 掃除などの家事を外注することにはさほど抵抗を感じない人が多いのに、料理に関しては、手作り信仰がいまだに根強い。
そんななか、タイトルだけでドキッとしてしまう『料理が苦痛だ』(自由国民社)なる本が出版された。
料理の先生が「料理をやめてみる」ことをすすめる本を書いた理由

なんと、お料理の先生が「料理をやめてみる」ことをすすめる衝撃的な内容である。著者は鎌倉のカフェ「リエッタ」のオーナーであり、同名のお料理教室も運営している本多理恵子さん。その独自の哲学について、話をうかがった。


料理に疲れた主婦が集う「見るだけ」の料理教室


――家族からの「カレーとかの簡単なものでいいよ」に、「そのカレーがめんどくさいんだよ!」とキレそうになったエピソードなど、「あるある」ネタが満載で、ノウハウだけでなく読みものとしても楽しませていただきました。料理エッセイとしては相当風変わりな内容ですが、どういった経緯でこういう本をお書きになることになったのでしょうか?

本多 料理教室に来られる主婦の方々がもらす、「毎日の料理に疲れている」という本音がきっかけでしたね。私自身も心から共感し、どうしたらこの苦痛から逃れられるのか? 力になりたいと思いました。
最近流行りの「スピードレシピ」などではない、もっと根本からの荒療治「作らない」を、料理を仕事にしている私の立場から発信することが、「なんだ、それでもいいんだ」と肩の荷を降ろしていただくことになるのではと考えたんです。

――自分はまったく手を動かさない、「見るだけ」の料理教室って斬新ですよね。しかも、エプロンもつけず、包丁すら持たず調理に参加しないけれど、最後にはできあがったお料理をおいしくいただけるという(笑)。

本多 実は、私自身が過去に「自分で作る料理教室」に参加し、「慣れない人との共同作業」「慣れないキッチンでの調理」に疲れ果ててしまった経験があったんですよ。せっかく料理を習っても、帰ってから作る気力が残っていないのです。主婦はある意味、料理のプロなので、だいたいのことは「見ればわかる」はずです。しかも、この方法だと全体の流れや手順が、座りながらにして俯瞰で見渡せます。
「料理」をネタに気晴らしをしてほしい、元気になって、また「おいしいものを作って食べさせたい」という前向きな気持ちになってほしい。そんな願いがあります。

――たしかに料理教室って4人くらいのグループで作業することが多いので、ひたすら鍋の中身をかき混ぜていたり、生地をこねていたりして、他の手順がまったくわからないまま終了ということも多いですね。


あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年11月28日のコネタ記事
「料理の先生が「料理をやめてみる」ことをすすめる本を書いた理由」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    一人暮らしだと、毎日同じメニューってのも簡単だよな。俺も朝飯は毎日決まっていて、だいぶ寝ぼけながらでも作れる。

    3
  • 匿名さん 通報

    う~ん。俺が一人暮らしの頃は朝は食パン、昼はカレーで夜は月~金でローテーションするおかず、土日は外食で生活してたからこちらからは嫁に一切要求はしないけど、外食と言っても作るし、面倒くさいと言うからな。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース