巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ノートパソコンの壁紙は、黒よりも白の方が省電力?

ライター情報:イチカワ

これがVAIOの「スタミナ壁紙」。他の機種でも、「白い壁紙」試してみてはいかがでしょう。

ノートパソコンのVAIOをいろいろいじってたら、「スタミナ壁紙」っていう聞き慣れないものを見つけた。
説明には“スタミナ壁紙をデスクトップの背景にすると、通常の壁紙より、消費電力を抑えることができます”とある。バッテリーの減りは、少しでも抑えたいもの。そこでスタミナ壁紙に設定してみた。

ところが出てきた壁紙は、なんと真っ白。えっ、これがスタミナ壁紙? ただの白い壁紙だけど……。
一体どういうことなんだろう? VAIOを開発しているソニー株式会社に話を伺った。

「機種によっては、白い壁紙の方が、消費電力を抑えることができるんです」
わっ、これまで少しでもバッテリーが減らないようにって、黒い壁紙にしてた……。

液晶は、常に後ろからライトが当てられていて、何もしなければライトの白い色がそのまま画面に出る。逆に光を遮れば、黒になる。この遮る作業をするときに、電圧が必要になるから、画面は黒より白の方が省電力になるってわけ。

ソニーではモバイルノートの機種すべて(type P、T、G、Z、S)と、大画面ノートの一部(type BZ)に、スタミナ壁紙が用意されている。もちろんスタミナ壁紙に設定しなくても、白い壁紙にしてもいい。また黒に近い暗い色ほど電力を消費し、白に近い明るい色ほど消費電力は抑えられる。

じゃあ、黒と白で消費電力はどのくらい違うんだろう?
「数値は公表しておりません。壁紙によって消費電力が変わるのは、壁紙が全面にある状態、つまりパソコンを使わず放置している状態なので、その数値を公表してもお客様にとって意味がないためです」
確かに。メーカー側が数値を公表するのは難しそうだ。

そこで参考までに、手元のVAIO type Pを使って実際に計ってみた。最も明るくした状態で、何もせずに壁紙を1時間表示したところ、黒い壁紙だと1時間で100%から69%に減っていたバッテリー残量が、白い壁紙だと100%から71%に抑えられていた。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。
好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年4月5日 00時00分

注目の商品