巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

インスタントで作る「泡立つクリーミーコーヒー」

ライター情報:楓 リリー
このエントリーをはてなブックマークに追加

混ぜるとこ~んなにとろとろになります! 次にお湯を注ぐと……。

( 1 / 3 )

今日、様々なメーカーから出ているインスタントコーヒーは種類も豊富。でも、コクがあったり、香ばしかったりと味には満足しても、コーヒーマシーンで作る泡立つようなコーヒーはなかなか作れないと思いませんか?

以前、アルゼンチンの友人に教えてもらったのですが、インスタントコーヒーでも泡立つクリーミーなコーヒーが楽しめるんです! アルゼンチンの家庭で一般的な方法なのかはさだかではないのですが、友人の家庭では必ずこうして飲んでいるそう。作り方をクリーミーに仕上がる理由も含めて紹介したいと思います。

まずは、私の実践してみた家庭でのコーヒーの作り方。

1.市販のインスタントコーヒー小さじ2~3杯をカップに入れます
2.そこに砂糖小さじ1~2杯(適量)と、熱湯小さじ2分の1杯~1杯を徐々に入れ、よくかき混ぜます(熱湯は入れすぎるとさらさらになってしまうので、混ぜながら量を調節してください)
3.混ぜれば混ぜるほどいいのですが、コーヒークリームのように白く粘り気が出てきた頃が目安
4.熱湯を注ぎ、よくかき混ぜます(お好みで温めた牛乳を注ぐと、よりクリーミーに!)

できあがり。

個人的には『ネスカフェ エクセラ』が一番おいしく仕上がったので、ネスレ日本株式会社の広報室に、なぜこの方法で泡立つのか? と問い合わせてみた。
「砂糖の特性をいかした作り方なので、もちろん他社のものでも泡立つと思われます。砂糖の親水性の特性上、入れた水を抱え込み、かき混ぜることによって空気も抱き込みます。

ライター情報: 楓 リリー

前職はファッション関係でしたが、フリーライターに転身。「心に届く言葉」をモットーに日々精進!フリータイムは“美味しいもの”と“お酒”で幸福感を味わっております。

2009年4月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品