巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

やきそばと紅しょうが、どうやって食べますか?

ライター情報:R&S

やきそばと紅しょうが。混ぜますか(左側)、混ぜませんか(右側)、それとも福神漬ですか?

カレーには福神漬、すしにはガリ、ハンバーガーにはキュウリのピクルス……主食には定番の付け合わせがあるもの。やきそばの場合、それはもちろん紅しょうがだ。

どうしてやきそばには紅しょうがなのか。やきそばの本場、静岡県の「富士宮やきそば学会」に尋ねてみたが、はっきりしたことはわからないのだという。富士宮やきそばのルーツは駄菓子屋。その昔、子どものオヤツに、あるいは製糸工場で働く人々のオヤツ代わりに、店の一角でおばちゃんが焼いていたやきそばが広まったもの。同学会によると、付け合わせの紅しょうがは、脂っこくなった口をさっぱりさせるために自然発生的に生まれたものではないかという。駄菓子屋ではお好み焼きも焼かれていて、どちらにも青のりと紅しょうがが定番なのは、そのあたりに由来するのだろう。

さて、この紅しょうが、みんなはどうやって食べているのか。友人20名に聞いてみた。
○麺に混ぜてから食べる……7名
○麺にチョイチョイ乗せて食べる……5名
○別々に食べる……4名
○麺と紅しょうがを別々に口に入れ、口の中で混ぜて食べる……2名
○紅しょうがは食べない……1名
○気にしない……1名
「気にしない」はひとりだけで、他の19名はそれぞれに自分なりの食べ方のスタイルを持っていた。中でも「麺に混ぜてから食べる」派は、はっきりとした理由を挙げている。「味付けの一部にするため」「やきそばだけだとパンチがないから」「シャキシャキ感を味わうため」などもっともな意見に混じって、「(紅しょうがが)嫌いなので、麺に混ぜて味をごまかすため。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2009年4月29日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品