巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

奈良で話題の「逆きつねうどん」とは?

ライター情報:野崎 泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

これが「逆きつねうどん」。

( 1 / 3 )

連休中、奈良在住の友人に市内をいろいろと案内してもらっていたところ、奈良には“逆きつねうどん”なるものがある聞き、お昼ごはんに食べてみました。

観光客でにぎわう「奈良もちいどのセンター街」の入口に、その名も「麺闘庵(めんとうあん)」なるのれんを発見。どうやら、ここの「巾着きつね」(700円)というのがソレらしい。さっそく注文してみたところ、どんぶりの中にお揚げでつくった巨大な巾着状の袋がド~ン! よく見ると、口をしばってあるヒモのようなものはネギだった。
さっそくひと口食べてみたところ、つゆをたっぷり吸ったお揚げ袋がすごくおいしい~。ほとんど甘くないので食べ飽きず、ふつうのお揚げより肉厚でこうばしい。巾着の中には見た目よりすごくたくさんのうどんが入っていて食べごたえあり。かつおとこんぶ風味のつゆに、うどんとお揚げが三位一体となったハーモニーがもうたまりません。

ご主人の津保井さんにお話を伺ってみたところ、この「巾着きつね」はおでんなどに入れる「もち巾着」にヒントを得て4年ほど前に考案したものだそう。巨大なお揚げはもちろん特注で、うどんを入れやすく破れにくいよう、焼き加減その他にもさまざまな工夫を凝らしているのだとか。そして、今ではそのインパクトとおいしさゆえお店の看板商品にまで成長。

注文を受けてから巾着にうどんを入れてネギでしばり、お揚げの油抜きをしてからどんぶりに入れ、上からつゆを張る……というプロセスでつくられているそうでかなりの手間がかっているんですね~。
関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。「gris-gris」の編集・発行もしてます。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2009年5月11日 10時00分

注目の商品